パナソニックコミュニケーションズ、オートフォーカス21倍光学ズーム搭載ネットワークカメラ | RBB TODAY

パナソニックコミュニケーションズ、オートフォーカス21倍光学ズーム搭載ネットワークカメラ

 パナソニックコミュニケーションズは24日、同社製ネットワークカメラ「BB」シリーズの新ラインアップとして、オートフォーカス21倍光学ズーム機能を搭載した「BB-HCM581」および「BB-HCM580」の2製品を発表した。いずれも6月5日発売。

IT・デジタル デジカメ
【左】BB-HCM581(天井取付け時)【右】BB-HCM580(卓上設置時)
  • 【左】BB-HCM581(天井取付け時)【右】BB-HCM580(卓上設置時)
 パナソニックコミュニケーションズは24日、同社製ネットワークカメラ「BB」シリーズの新ラインアップとして、オートフォーカス21倍光学ズーム機能を搭載した「BB-HCM581」および「BB-HCM580」の2製品を発表した。価格はBB-HCM581が136,290円で、BB-HCM580が120,750円。いずれも6月5日発売。

 2製品はいずれも、オートフォーカスで21倍の光学ズーム機能搭載したネットワークカメラで、同社製従来機種「BB-HCM381」より機能を充実させつつ、低価格としたモデル。有効画素数32万画素のCCDイメージセンサーを採用しており、21倍の光学ズームと2倍のデジタルズームを併用することで、42倍のズームで被写体のモニタリングが可能。焦点距離は5mm〜∞に対応する。また、水平方向に最大350度、上下方向に最大210度のモニタリングを可能とするパン・チルト機能を搭載する。

 SDカードスロットを装備しており、ネットワークに接続していない状態でも、カメラ撮影画像の保存が可能。そのほか、携帯電話でカメラの撮影画像を見ることができる同社のサービス「みえますねっとLite」にも対応するなど、利便性の向上を図っている。

 また、上位機種BB-HCM581のみの機能として、イーサネットケーブルを介して電力供給が可能なPoE受電部を内蔵。そのほか、外付けマイクとアンプ内蔵スピーカー(いずれも別売)を利用することによって、カメラとカメラ画像をモニタリングしているパソコン間で、音声の双方向通信(ドランシーバー方式)を行える「音声通信」機能を搭載する。

 そのほか、2製品共通の仕様として、インタフェースは10/100BASE-TX×1、コンポジット出力×1など。本体サイズは幅123×高さ140×奥行き123mmで、重さはBB-HCM581が650g、BB-HCM580が640g。
《》

関連ニュース

特集

page top