より巧妙化・悪質化する振り込め詐欺、地デジ詐欺にも要注意 | RBB TODAY

より巧妙化・悪質化する振り込め詐欺、地デジ詐欺にも要注意

エンタメ その他

 NPO法人ポリスチャンネルは21日、振り込め詐欺防止および高校生交通安全テレビCMコンテストに関する動画を追加した。

 NPO法人ポリスチャンネルは、良好な治安の確保に寄与することを目的として、市民の防犯意識や規範意識の高揚に資する映像コンテンツ、青少年の非行防止と健全育成に資する映像コンテンツ、未解決事件の捜査に資する情報提供を一般市民に訴える映像コンテンツなどをインターネットやテレビを通じて、広く国民に提供する活動を推進している団体だ。

 今回配信を開始した動画は2本。1本目が、財団法人社会安全研究財団の制作・著作による「巧妙化する手口! 〜振り込め詐欺 最新情報〜」だ。平成18年の振り込め詐欺の被害送金額は、前年より増加して約250億円にものぼっており、まったく油断できない状況。対策が強化された金融機関のATMを使用させずに郵送を求める手口や、テレビが地上波デジタルに変更することを悪用してありもしない工事費用を請求する「地デジ詐欺」など、より巧妙化・悪質化しているのが特徴で、そうした振り込め詐欺被害に遭わないための防犯ビデオとなっている。

 2本目は、テレビ岩手の制作・著作による「15秒に願いをこめて 〜高校生交通安全テレビCMコンテスト〜」。岩手県交通対策協議会とテレビ岩手は、県内の高校生制作による「第3回交通安全テレビCMコンテスト」を開催し、そのドキュメントともいえる内容となっている。参加高校生たちは、事前に岩手テレビからCMの作り方についての指導を受け、交通事故の発生の実態から「何をポイントにするか」を検討し、失敗しながら制作に取り組んだ。結果、県内17校から30本の応募があったという。そのうち、15本が優秀賞に選ばれ、雫石高等学校交通安全委員会が前年に引き続きグランプリを獲得。高校生たちの取り組みの真剣な姿と作品を視聴可能だ。

 そのほか、「あなたの街の安全安心ニュース」なども見られる。ぜひ、防犯や交通安全の心構えをより向上させるためにも、同サイトをチェックしよう。
《デイビー日高》

関連ニュース

特集

page top