月398円からの“社会貢献型”「ファンダムSIM」登場……最大19枚でデータシェアも可能 | RBB TODAY

月398円からの“社会貢献型”「ファンダムSIM」登場……最大19枚でデータシェアも可能

ブロードバンド 回線・サービス

「ファンダムSIM」サイト
  • 「ファンダムSIM」サイト
  • 利用料金のイメージ
  • 基本的な利用料金
  • NPOへの寄付の流れ
  • データ使用料・使用量の設定画面
 アイストリームは8日、廉価SIMサービス「ファンダムSIM」を発表し、事前予約を開始した。14日より販売およびMVNOとしてサービス提供を開始する。なおAmazonではSIMの先行購入が可能。

 「ファンダムSIM」は、SIMサービス収益の一部をNPO団体等の社会貢献活動に還元する、世界で初の“社会貢献型”サービスだ。純利益のうちの「株主配当」に相当する部分を、NPO法人へ寄付するという。ユーザーは、同社が運営する非営利団体向けファンドレイジングサイト「ファンダムビレッジ」内から支援したいNPOを選択可能。

 SIMサイズは標準・マイクロ・ナノの3種類(SMSオプションあり)で、LTE/3Gに対応。最大通信速度は下り150Mbps/上り50Mbpsとなる。さらに1契約で、最大19枚のSIMカードが購入でき、家族や団体などで自由にデータのシェアができる。

 料金はデータ通信のみなら398円(税抜)で、200MBまで利用可能。518円でSMSも利用可能になる。データ容量はアレンジも可能で、1GB~7GBまで7段階で設定可能(7GBを超える場合は、100MBあたり月額150円/SIMの従量料金)。逆に、データ量ではなく、通信料の上限設定を行い、その金額分のデータ量を利用することも可能。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top