ヤフー検索ワードランキング〜定住呼びかける「来ねすか横手」が急上昇 | RBB TODAY

ヤフー検索ワードランキング〜定住呼びかける「来ねすか横手」が急上昇

エンタメ その他

 ヤフーは、恒例の検索ワードランキングを発表した。2007年1月29日〜2月4日の期間にYahoo! JAPANで検索された単語を分類し、1位を100ポイントとして2位以下の割合を算出している。

 急上昇検索ワードランキングの1位は、秋田県横手市が県外者向けに定住を呼びかけるために開設したサイト「来ねすか横手」(100.0ポイント)がトップとなった。2位は病気を苦にして自殺したアナウンサー「大杉君枝」(59.2)が悲報でランクイン。そして3位は拉致被害者家族連絡会の増元照明さんと結婚した10歳下の美人女優「若宮優子」(48.5)となった。4位は地下に張り巡らせた輸送管でごみを収集する「管路収集」(19.8)が続々廃止でランクイン。そして5位は競争をやめたら学力世界一になった国として「世界 フィンランド 学力」(18.6)となった。以下6位「Pure Soul〜君が僕を忘れても〜」、7位「蹄葉炎」、8位「星野真章」、9位「プレデターvsf50」、10位「卵子バンク エクセレンス」となった。

 「Yahoo!サーファーがグラフで読み解く注目ワード」には、「ニコニコ動画(β)」が登場。YouTubeやAmebaVisionで公開されている動画に、テロップ的にコメントを流すことができる異色サービスだ。監修する2ちゃんのひろゆき氏がブログで告知するも、公開当初は検索数はふるわなかった。しかし2ちゃんドメイン差し押さえ騒動で、氏のインタビュー動画をサイト上で公開するなどで認知をあげ、その後急上昇した。ちなみに「ニコニコ動画」と組み合わせて検索されている動画タイトルは、上から「テニスの王子様」「ロックマン」「マリオ」「陰陽師」 「粉雪」。

 さて前回予想ワードの「RYOJI」については、ランク外だったようだ。ダコタ・ファニングやスザンヌ・シャオなど、海外女優のスキャンダルにすっかりかすんでしまった格好だ。

 さて次回のランクイン予想ワード。急上昇検索ワードランキングでは瞬間風速の速さが重要。そういうわけで、今回は、「金魂巻」などの作品で流行語「マル金」を生んだ、イラストレーター・雑誌編集者の「渡辺和博」さんをあげておこう。ご冥福をお祈りしたい。
《冨岡晶》

編集部のおすすめ記事

特集

page top