ヤフー、先週の検索ワードランキング〜1位は元ハロプロ・三佳千夏こと「谷ルミコ」 | RBB TODAY

ヤフー、先週の検索ワードランキング〜1位は元ハロプロ・三佳千夏こと「谷ルミコ」

エンタメ その他

 ヤフーは、恒例の検索ワードランキングを発表した。2006年8月7日〜8月13日の期間にYahoo! JAPANで検索された単語を「人名」「時事」に分類し、各々1位を100ポイントとして2位以下の割合を算出している。

 人名検索ワードランキングの1位は、元ハロプロメンバーの「谷ルミコ」(100.0ポイント)。三佳千夏として活動していたが、その後は韓国で活躍、今回は韓国ミュージシャンと結婚したことが話題となった。さらに2位には谷ルミコの芸名「三佳千夏」(49.8)もランクインだ。3位はレイザーラモンHGこと住谷正樹と結婚したタレント「鈴木杏奈」(44.4)。4位は虫垂がんにより26歳で亡くなられた陸上女子砲丸投げの選手「森千夏」(13.5)、5位はハリー・ポッター5作目のベラトリックス・レストレンジ役を妊娠のため降板した「ヘレン・マックロイ」(11.7)となった。以下6位「岡本里奈」、7位「ジャスミン茉莉花」、8位「鈴置洋孝」、9位「宇土弘恵」、10位「ブライアン・ビロリア」となった。

 時事検索ワードランキングだが、1位は人名4位となった森千夏選手の死因「虫垂がん」(100.0)が、2位はガンダムのブライト艦長役などで人気の声優「鈴置洋孝」(13.3)が肺ガンでの訃報によりランクインだ。3位は北ア・北穂高岳で滑落死した川崎市の女性医師「蔵田ゆみ子」(6.6)。4位はサカキ採りに出かけた75歳女性がハンターに撃たれ死亡した事故で「サカキ」(6.3)がランクイン、5位は小学校6年生の加藤桃子さんに破れた女流プロ棋士「貞升南」(5.6)となった。以下6位「武井保雄」、7位「張本勲」、8位「赤塚溜池公園」、9位「丸善海陸運輸」、10位「未必の故意」と続いた。

 今回は結婚などのおめでたいニュースも多かった一方で、訃報が相次いだ。とくに、声優「鈴置洋孝」の死去は、ガンダム世代の知人たちも一様にショックを受けていた。ご冥福をお祈りしたい。さて前回記事でランク入りを予測した「谷ルミコ」は、今回みごとに第1位! 2位の旧芸名「三佳千夏」と合わせてワンツーフィニッシュとなった。やはり検索ワードランキングの上位となるのは、“たくさんの人の興味を引く一方で、あまり知られていない”という、相反する要素がある人物名(固有名)のようだ。なかなか法則化・公式化するのは難しい話で、今回当たったからといって、次回も当たる自信につながらないのが、なんとも…。

 さて次回予想だが、お盆と終戦記念日をはさみ、世間の注目を集めた「靖國神社」と「停電」関連になるだろうか。人名をピンポイントであげたいのだが、小泉純一郎はいまさら検索されないだろうから、8月15日に自宅が放火により全焼した元国務相「加藤紘一」をあげておこう。

 なお各々ランキング10位までの説明は、Yahoo!検索スタッフブログでも見ることができる。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top