電車・駅ニュース | RBB TODAY

電車・駅に関するニュース一覧

山手線の新型電車「E235系」に防犯カメラ 2018年春から 画像
ビジネス

山手線の新型電車「E235系」に防犯カメラ 2018年春から

JR東日本は6月6日、山手線で導入を進めている新型車両のE235系電車に、車内防犯カメラを導入すると発表した。

小田急利用者なら必携!? 列車の現在位置が分かる「小田急アプリ」が登場 画像
IT・デジタル

小田急利用者なら必携!? 列車の現在位置が分かる「小田急アプリ」が登場

小田急電鉄は7日から同社公式スマホアプリ「小田急アプリ」をリリースすると発表した。

色覚障害者へのさり気ない配慮が光る!小田急電鉄の取り組み 画像
IT・デジタル

色覚障害者へのさり気ない配慮が光る!小田急電鉄の取り組み

 普段何気なく生活していると、日常の光景に紛れて見逃しているものでも、実は知る人ぞ知る工夫がなされているものがある。

電車の中でヱビスビールが楽しめる!京阪電車が「春待ちヱビス号」を運行 画像
ライフ

電車の中でヱビスビールが楽しめる!京阪電車が「春待ちヱビス号」を運行

京阪電気鉄道とサッポロビールは、3月7日から20日の間、京阪電車大津線にて完全予約制のイベント列車「春待ちヱビス号」を運行する。

「BRAVIA」のデジタルサイネージ&災害活用! ソニーが提案 画像
IT・デジタル

「BRAVIA」のデジタルサイネージ&災害活用! ソニーが提案

 2016年12月16日まで東京ビッグサイトで開催された「次世代都市開発EXPO」にて、ソニーマーケティングは、ソニーのテレビ「BRAVIA」をサイネージとして活用した「災害時用L字型サイネージ」を展示した。

災害時には情報発信も! 音声ビーコン搭載の屋外型デジタルサイネージ 画像
IT・デジタル

災害時には情報発信も! 音声ビーコン搭載の屋外型デジタルサイネージ

 駅のホームや商業施設などで目にすることが多いデジタルサイネージ。映像による広告は通行人の目を引きやすいものの、一方通行の情報提供では期待した広告効果が得られないこともあるという。

“共生”を考慮した列車とシカの衝突事故対策「ユクリッド」 画像
IT・デジタル

“共生”を考慮した列車とシカの衝突事故対策「ユクリッド」

 近年、高齢化や後継者不足によるハンター減少などもあり、野生動物による様々な被害の増加が問題となっている。

着るIoT! ウェアラブル総合ブランド「hamon(R)」とは? 画像
IT・デジタル

着るIoT! ウェアラブル総合ブランド「hamon(R)」とは?

 ミツフジは12日からウェアラブル総合ブランド「hamonR」の販売を開始することを発表した。生体情報を取得するウェアラブルIoTを活用したスマートウェアシリーズとなっている。

宅配便ロッカーが京急沿線5駅にも設置へ 画像
IT・デジタル

宅配便ロッカーが京急沿線5駅にも設置へ

 京急ステーションコマースは12月15日以降、京急線の5駅5か所にパックシティ・ジャパンがサービス提供を行っているオープン型宅配便ロッカー「PUDOステーション」を設置し、サービスを開始することを発表した。

増加中!阪急電鉄・十三駅にも可動式ホームドアが設置 画像
IT・デジタル

増加中!阪急電鉄・十三駅にも可動式ホームドアが設置

 阪急電鉄は2日、大阪市淀川区の十三駅(じゅうそうえき)に可動式ホーム柵を設置することを発表した。

混雑状況をテレビで確認できる「駅視-vision」が東急線60駅で正式導入 画像
IT・デジタル

混雑状況をテレビで確認できる「駅視-vision」が東急線60駅で正式導入

 イッツ・コミュニケーションズ(イッツコム)は、テレビ自動お知らせサービス「イッツコム テレビ・プッシュ」に配信する東急線情報の一つとして、東急線駅構内カメラ画像配信サービス「駅視-vision」を5日より正式導入すると発表した。

京急電鉄が緊急時の多言語対応強化!実証実験を実施 画像
IT・デジタル

京急電鉄が緊急時の多言語対応強化!実証実験を実施

 京浜急行電鉄(京急電鉄)は24日、緊急時にタブレットを用いた多言語でのアナウンスや、スマートフォン等への文字情報の送信を行う「おもてなしガイドアナウンス放送アプリ」の実証実験を28日より開始すると発表した。

駅の混雑状況をリアルタイムに可視化する人流分析システム 画像
IT・デジタル

駅の混雑状況をリアルタイムに可視化する人流分析システム

 日立製作所は、東京国際フォーラムで開催した「Hitachi Social Innovation Forum 2016 TOKYO」にて、「交通事業者向け人流分析システム」の展示を行った。

忘れ物は今どこ? 企業間での相互検索にも対応する遺失物管理ソリューション 画像
IT・デジタル

忘れ物は今どこ? 企業間での相互検索にも対応する遺失物管理ソリューション

 都市部では、複数の鉄道事業者が相互乗り入れを行っているため、うっかり電車内に忘れ物をした場合には、荷物が発見された時の鉄道事業者が管理するため、利用者は、複数の鉄道事業者の遺失物管理センターなどに確認する必要が出てきて、正直、かなり大変だ。

東急線ほぼ全駅で一斉導入!訪日観光客向けの通訳サービス 画像
IT・デジタル

東急線ほぼ全駅で一斉導入!訪日観光客向けの通訳サービス

 インデンコンサルティングとオムロンフィールドエンジニアリングは、東急線全駅にiPad・iPhoneを使った通訳サービス「SMILE CALL(スマイルコール)」約400台を、11月1日より一斉導入することを発表した。

阪急電鉄が不在配達用の宅配ロッカーを設置 画像
IT・デジタル

阪急電鉄が不在配達用の宅配ロッカーを設置

 阪急電鉄とエキ・リテール・サービス阪急阪神の両社は、宅配便の荷物を駅で受け取ることができる「オープン型宅配便ロッカーPUDOステーション」を阪急沿線の5駅に設置し、21日からサービスを開始する。

京急が実証実験開始!車両を選ばないマルチドア対応ホームドア 画像
IT・デジタル

京急が実証実験開始!車両を選ばないマルチドア対応ホームドア

 京浜急行電鉄(京急)は14日、今秋からの開始を発表していたマルチドア対応ホームドア「どこでもドア」の実証実験を10月24日から京急久里浜線三浦海岸駅において開始することを発表した。実施期間は約1年間となる。

多言語対応&無料充電設備!京急が新1000形をマイナーチェンジ 画像
IT・デジタル

多言語対応&無料充電設備!京急が新1000形をマイナーチェンジ

 京浜急行電鉄(京急)は11日、現在増備している新1000形ステンレス車にマイナーチェンジを施した車両を、2016年度新造車として11月から順次導入することを発表した。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 最後
Page 1 of 8
page top