宅配便ロッカーが京急沿線5駅にも設置へ | RBB TODAY

宅配便ロッカーが京急沿線5駅にも設置へ

IT・デジタル その他

PUDOステーションは現在ヤマト運輸に対応しており、都内近郊では東京メトロやJRの一部の駅をはじめ、ショッピングモールや賃貸物件などでも設置が行われている。関西では阪神電車や阪急電鉄、京阪電鉄の駅などでもすでに稼働している(画像はプレスリリースより)
  • PUDOステーションは現在ヤマト運輸に対応しており、都内近郊では東京メトロやJRの一部の駅をはじめ、ショッピングモールや賃貸物件などでも設置が行われている。関西では阪神電車や阪急電鉄、京阪電鉄の駅などでもすでに稼働している(画像はプレスリリースより)
  • 屋外設置タイプのオープン型宅配便ロッカー「PUDOステーション」(画像はプレスリリースより)
  • 屋内設置を想定したタイプ(画像はプレスリリースより)
 京急ステーションコマースは12月15日以降、京急線の5駅5か所にパックシティ・ジャパンがサービス提供を行っているオープン型宅配便ロッカー「PUDOステーション」を設置し、サービスを開始することを発表した。

 PUDOステーションは宅配便の受取場所として指定できる宅配便ロッカーで、ヤマト運輸の「クロネコメンバーズ」会員であれば誰でも利用することができる。

 受取場所指定を「宅急便店頭受取りサービス ロッカー受取り」に指定することで利用が可能となる。クロネコメンバーズの登録や利用は無料となっている。

 12月15日から利用可能な設置駅は平和島駅、京急川崎駅、金沢文庫駅、六浦駅、神武寺駅の5か所で、始発から終電までの時間で利用が可能となる。今後は設置駅の増加も予定されている。
《防犯システム取材班/小池明》

関連ニュース

特集

page top