【先週の注目ニュース】メトロの駅がストリートビュー対応/iOS 11.4配信開始/NTT東「AIガードマン」 | RBB TODAY

【先週の注目ニュース】メトロの駅がストリートビュー対応/iOS 11.4配信開始/NTT東「AIガードマン」

IT・デジタル モバイル

【先週の注目ニュース】メトロの駅がストリートビュー対応/iOS 11.4配信開始/NTT東「AIガードマン」
  • 【先週の注目ニュース】メトロの駅がストリートビュー対応/iOS 11.4配信開始/NTT東「AIガードマン」
  • (c)Fujiko-Pro
  • 【先週の注目ニュース】メトロの駅がストリートビュー対応/iOS 11.4配信開始/NTT東「AIガードマン」
  • 【先週の注目ニュース】メトロの駅がストリートビュー対応/iOS 11.4配信開始/NTT東「AIガードマン」
  • 【先週の注目ニュース】メトロの駅がストリートビュー対応/iOS 11.4配信開始/NTT東「AIガードマン」
  • 【先週の注目ニュース】メトロの駅がストリートビュー対応/iOS 11.4配信開始/NTT東「AIガードマン」
  • 【先週の注目ニュース】メトロの駅がストリートビュー対応/iOS 11.4配信開始/NTT東「AIガードマン」
  • 【先週の注目ニュース】メトロの駅がストリートビュー対応/iOS 11.4配信開始/NTT東「AIガードマン」
 5月28日週に発売・発表された注目情報をまとめてお届けする。

キャリアの動き


■Netflixとauが提携
http://news.kddi.com/kddi/corporate/newsrelease/2018/05/29/3167.html

 KDDIとNetflixは、auと日本でのNetflixサービスのセット料金に向けた業務提携を結んだ。KDDIは、スマートフォンを通してNetflixの動画コンテンツをおトクに楽しめるように、Netflixのコンテンツ利用料金とスマートフォンの通信料金がセットで、月5,500円から利用できる専用の新料金プラン「auフラットプラン25 Netflixパック」を、2018年夏以降に提供開始する。



■KDDIとTelexistence、遠隔操作ロボの量産型プロトタイプを開発
http://news.kddi.com/kddi/corporate/newsrelease/2018/05/29/3168.html

 KDDIが、5G時代におけるロボットビジネスの共創やロボティクス関連技術の共同開発を視野にコーポレート・ベンチャー・ファンド「KDDI Open Innovation Fund」を通じて出資しているTelexistence株式会社は、テレイグジスタンス(遠隔存在) 技術・VR・通信・クラウドを活用した遠隔操作ロボットの量産型プロトタイプ MODEL Hを開発した。



その他の新サービス・注目トピックス


■東京メトロ構内がGoogleストリートビューに登場
http://www.tokyometro.jp/news/2018/192571.html

 東京メトロの13駅で5月28日駅構内のGoogleストリートビューが公開された。今後、撮影の完了した駅からGoogleストリートビューが順次、追加公開される予定。



■iOS 11.4の配信開始
https://www.apple.com/newsroom/2018/05/ios-11-4-brings-stereo-pairs-and-multi-room-audio-with-airplay-2/

 Appleは、最新OS「iOS 11.4」の配信を開始した。複数の部屋でオーディオを再生できる「AirPlay 2」やiCloudにメッセージを保管する機能などが追加されている。

■NTT東、万引きを防止する「AIガードマン」の提供を開始
https://www.ntt-east.co.jp/release/detail/20180528_01.html

 NTT東日本と、行動検知AIを活用した防犯システムを提供するアースアイズは、AIの活用により小売業界における万引き被害の削減と店舗業務の効率化を推進することを目的に、業務提携をおこなった。これに合わせて、NTT東日本とアースアイズは、最新型のAIカメラを活用した小売店舗向け万引き防止AIサービス「AIガードマン」を2018年6月下旬から提供するという。



注目ガジェット


■LINE「Clova Friends mini」にドラえもんモデル
https://linecorp.com/ja/pr/news/ja/2018/2215

 LINEは、同社のAIアシスタント「Clova」を搭載したスマートスピーカー「Clova Friends mini」の、ドラえもんモデル「Clova Friends mini(ドラえもん)」を6月1日から数量限定で発売した。これまでの「Clova Friends」の機能に加えて、ドラえもんの声も搭載しており、ドラえもんトーク(Clova)を楽しむことができる。会話の中には、51種類のひみつ道具の単語が隠れていたり、原作のドラえもんのセリフが用いられたり、大好物「ドラ焼き」や苦手な「ネズミ」に関するユニークな展開が含まれているとのこと。

(c)Fujiko-Pro
(c)Fujiko-Pro


■アシックス、球の回転数を解析する野球ボールを開発
https://corp.asics.com/jp/press/article/2018-05-28-1

 アシックスは、野球の硬式ボールにセンサーを内蔵した投球測定用ボール「PITCH ID(ピッチアイディ)」を、ユーテック株式会社と共同開発した。直球や変化球の球質を数値化し、投手の投球パフォーマンスを客観的に把握できるようにしたもので、加速度センサー、ジャイロセンサー、地磁気センサーを内蔵。球速、回転数、回転軸の情報を得ることができる。



■iPhone XをiMac G3風にするケース
https://www.spigen.co.jp/

 Spigenは、iPhone XをiMac G3風にするケース「Classic C1」を6月中旬に発売する。「Classic C1」は、1998年に発売したiMac G3のデザインを模したiPhone X用ケース。内部が透けて見えるような作りで、ケース内側にはiMac G3発表時に使われた「hello(again)」の文字も。



■「Indiegogo」で1.4億円を集めたモバイルプロジェクター発売
https://www.amazon.co.jp/dp/B072Q7CM7S

 アンカー・ジャパンは、同社のブランド「Anker」において、Android搭載モバイルプロジェクター「Anker Nebula Capsule」の発売を開始した。同製品は、米国のクラウドファンディングサイト「Indiegogo」にて、1.4億円以上の支援金を集めた実績を持つ。350ml缶サイズのコンパクトボディで、100ANSIルーメンの明るさでPCやスマートフォン、タブレット等から最大100インチの映像を投影できるほか、360度スピーカーを搭載。また、Andorid 7.1が搭載されているため、YoutubeやAmazonプライム・ビデオ、Netflix等から動画コンテンツを直接映し出し、約3時間連続で鑑賞することができるという。

《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top