増加中!阪急電鉄・十三駅にも可動式ホームドアが設置 | RBB TODAY

増加中!阪急電鉄・十三駅にも可動式ホームドアが設置

IT・デジタル セキュリティ

十三駅の宝塚本線3号線(宝塚方面ゆき)、4号線(梅田方面ゆき)、京都本線5号線(河原町方面ゆき)に設置が予定されている。設置イメージからも稼働扉が透過型であることが確認できる(画像はプレスリリースより)
  • 十三駅の宝塚本線3号線(宝塚方面ゆき)、4号線(梅田方面ゆき)、京都本線5号線(河原町方面ゆき)に設置が予定されている。設置イメージからも稼働扉が透過型であることが確認できる(画像はプレスリリースより)
  • 設置計画図。阪急電鉄・十三駅のホームは弧を描くような曲線の形状をしている(画像はプレスリリースより)
 阪急電鉄は2日、大阪市淀川区の十三駅(じゅうそうえき)に可動式ホーム柵を設置することを発表した。

 設置されるのは、稼働扉が一部透過型の腰高式可動式ホーム柵で、十三駅の3,4,5号線ホームに設置される。完成時期は2019年春頃までを予定しており、関係機関との協議を重ねながら、詳細に関する検討を進めていくとのこと。

 ホームドアの設置は平成18年に施行された「高齢者、身体障害者等の公共交通機関を利用した移動の円滑化の促進に関する法律(バリアフリー新法)」により新設鉄道路線へ義務付けられており、既存駅でも努力義務が規定されたことで、徐々に普及しつつある状況となっている。
《防犯システム取材班/小池明》

関連ニュース

特集

page top