NECと東北大、身近な熱源から発電できる新原理の素子を開発 1枚目の写真・画像 | RBB TODAY

NECと東北大、身近な熱源から発電できる新原理の素子を開発 1枚目の写真・画像

 日本電気(NEC)と東北大学は18日、身の回りにある熱から発電する“熱電変換素子”において、新原理「スピンゼーベック効果」を用いて、発熱部分にコーティングすることで利用できる新しい素子を開発したことを発表した。

エンタープライズ ハードウェア

関連ニュース

熱電変換素子をコーティングしたガラス板
熱電変換素子をコーティングしたガラス板

編集部おすすめの記事

特集

エンタープライズ アクセスランキング

  1. 【日立評論】東海道新幹線デジタル列車無線の開発と導入

    【日立評論】東海道新幹線デジタル列車無線の開発と導入

  2. NTTドコモ、高齢者向け腕時計型ウェアラブル「Docotch」を展示

    NTTドコモ、高齢者向け腕時計型ウェアラブル「Docotch」を展示

  3. 監視カメラ・物理セキュリティの側面から見るIoTの今

    監視カメラ・物理セキュリティの側面から見るIoTの今

  4. 【マイナンバーQ&A】どんな時にマイナンバーが必要になるのか?<個人編>

  5. 日本MS、閉域網接続「ExpressRoute for Office 365」をパートナー4社と提供

  6. 【木暮祐一のモバイルウォッチ】第16回 「みまもりホームセキュリティ」……社会に役立つモバイル機器連携に期待

  7. 文系や経験ゼロでもエンジニアになれる!? 派遣でスキルアップという選択

  8. LINEのここがイヤ!……「LINE」認知度は98%、便利・不便な点も明らかに

  9. 第2回妊娠出産子育て基本調査 ベネッセ

  10. NTTアイティ、スマホ特化型のリモートアクセス「ビズドア」来年より提供開始

アクセスランキングをもっと見る

page top