櫻坂46・大園玲、『ラヴィット!』デビューにファン歓喜「朝からめちゃくちゃ癒された」 | RBB TODAY

櫻坂46・大園玲、『ラヴィット!』デビューにファン歓喜「朝からめちゃくちゃ癒された」

エンタメ その他

 櫻坂46・大園玲が、6日放送の『ラヴィット!』(TBS系)に、7月からのシーズンレギュラーとして初登場。ファンを沸かせた。

 この日の冒頭、麒麟・川島明から「『ラヴィット!』ご覧になったことありますか?」と聞かれた彼女は「もちろんです。大好きで、朝から笑顔を届けている“大喜利番組”ということで」と回答。これに川島は「そういうふうに伝わっているんですね」と苦笑い。

 番組での呼び名について尋ねられた大園は「ゾノでお願いします」とリクエスト。すると見取り図・盛山晋太郎が「ゾノー、おーい、ゾノー!」と、早くも“ゾノ”コール。川島がすかさず、「(盛山は)もともと保乃ちゃんのファンなんですけどね」と、同じ櫻坂メンバーで今年1月から3月までのシーズンレギュラーでもあった田村保乃のファンであることを暴露していた。

 そんな大園の特技は「メモをとること」。彼女は「覚えておきたいなと思うことをメモしています」と告げた。そこで川島から、番組のマスコットキャラクター・ラッピーをモチーフにした付箋とラッピーペンを手渡され、「今日、何か気になったこととか『勉強になったな』ということがあったら、是非メモっといてください」と指示された。

 この後、『そこ曲がったら、櫻坂?』(テレビ東京系)でも解禁されていた空手初段、黒帯の取得者であることも早速発表していた大園。そしていよいよエンディングで、2時間のオンエアの中で何をメモしたのか確認された大園は、開始早々に明かされていた盛山の特技である「空手 早食い 肝試し」が書かれたメモを見せた。

 途中、アルコ&ピース酒井健太が奮闘したロケなどもあったが、それらは全て不採用。厳しくジャッジしたのか、「何もメモしない」という渾身のボケだったのかは定かではないが、川島は「それ、8時5分ぐらいに出たやつ」と笑っていた。

 多才な顔を持つ大園の『ラヴィット!』デビューにファンは祝福。「朝見てないうちにTLがゾノだらけだ、これが ラヴィット効果か」「朝からめちゃくちゃ癒された」「3ヶ月間、つまりあと10回は朝から玲ちゃんを見れるんですね、TBSさん控えめに言って最っ高ですね」など喜びの声が寄せられた。またオンエア中には「全日本空手道連盟」の公式Twitterも大園への激励ツイートをつぶやくなど、多方面で見つかっていた。
《杉山実》
【注目の記事】[PR]

関連ニュース

特集

page top