北川景子、映画『アンパンマン』最新作への声優出演に歓喜「ファミリーの一員になれて嬉しいです!」 | RBB TODAY

北川景子、映画『アンパンマン』最新作への声優出演に歓喜「ファミリーの一員になれて嬉しいです!」

エンタメ 音楽
集合写真
  • 集合写真
  • 北川景子
  • 左から)北川景子、戸田恵子
  • 左から)おたけ、太田博久、斉藤慎二(ジャングルポケット)
  • 左から)アンパンマン、ばいきんまん

 『それいけ!アンパンマン』の映画シリーズ最新作『それいけ!アンパンマン ドロリンとバケ~るカーニバル』が24日に公開。本日25日に東京・新宿バルト9で公開記念舞台挨拶が行われ、アンパンマン役の戸田恵子、ばいきんまん役の中尾隆聖、そして変身が苦手なオバケの男の子・ドロリン役の北川景子、オバケタウンの町長と側近役のお笑いトリオ・ジャングルポケットが登壇した。

※【Amazonタイムセール】ジャンルでチェックするにはこちらから!人気の商品が日替わりで登場(PR)

 北川は「アンパンマンファミリーの一員になれて嬉しいです! 映画館でたくさんのお子さんの笑顔が見られることも嬉しく思っています。楽しんでいってください!」とアンパンマンへの声優出演の喜びをコメント。太田は「今回側近Bという役を監督とぶつかりあいながら作り上げていたということもあり笑、今日は側近Bのお面を付けているお子さんが沢山いて嬉しいです」と挨拶すると会場からは大きな笑いがおこり、すかさず斉藤が「いやいや、監督と全くぶつかってないよね! お面つけてる子、1人もいないよ!」とツッコ。会場を沸かした。



 同作の注目ポイントを聞かれた戸田は、ゲスト声優である北川とジャンポケの演技について触れ、「名前を聞いていなければ、誰が演じているのかわからないくらい上手で、アンパンマンの世界に馴染んで演じてくれています」と絶賛。さらに「(北川さんが声を演じた)ドロリンとアンパンマンが2人で肩を寄せ合って感動的な話をするシーンがあるのですが、そこが心に残るシーンとなりました」とコメント。中尾は「今回のばいきんまんは強いです。いつもと違う姿が見られるんじゃないかと思います」と話した。



 また、来月7月7日に近づいてきた七夕にちなみ、それぞれの願い事を発表するコーナーでは戸田が「“この映画をたくさんの方々に観てもらえますように”、2番目は、“お金がたくさん貯まりますように”です笑」とコメント。すると中尾も「“毎日笑顔に暮らせますように”ですが、2番目は(戸田さんと同じく)お金がいっぱい貯まりますようにです笑」と答え会場の笑いを誘った。



 最後に戸田は、「アンパンマンは今年で33作目、上手くいけば100作ぐらいできるんじゃないかと思っています。長く長く続けていきたい。皆さんに、1作でも多くお届けできればなと思います。やなせたかし先生は、“人生は喜ばせごっこ”という言葉を仰っていました。人が喜ぶことをやりなさい、ということをやなせ先生から教わってきました。その精神をアンパンマンにのせて、これからもお届けしていきたいと思います」とコメントした。
《松尾》
【注目の記事】[PR]

関連ニュース

特集

page top