大島由香里、写真集で“囲まれる”側になって感じた恥ずかしさ告白 | RBB TODAY

大島由香里、写真集で“囲まれる”側になって感じた恥ずかしさ告白

エンタメ その他
大島由香里【写真:竹内みちまろ】
  • 大島由香里【写真:竹内みちまろ】
  • (c)AbemaTV,Inc.
  • (c)AbemaTV,Inc.
  • (c)AbemaTV,Inc.
  • (c)AbemaTV,Inc.
【PICK UP】

 元フジテレビの大島由香里アナウンサーが19日放送の『ABEMA的ニュースショー』(ABEMA)に出演。“囲まれる”側になって感じた思いを語った。

 番組では、番組スタッフが通勤中に大勢の報道陣に囲まれている男性を発見したことに着目。交通違反者が増えたことにより、今月から取り締まりが強化された電動キックボードをたまたま運転していた“だけ”の男性が報道陣に囲まれてしまった様子を報じ、この話題にちなみ、出演者の囲み取材にまつわるトークを展開した。

 元日本テレビの馬場典子はアナウンサーとして「これまで“囲む”ことが多かった」とした上で、「監督時代の長嶋茂雄さんは、サービストークをしてくださる方だった。負けが込んでいてサービスできない時は、グラウンドに出てきた瞬間から『今日はごめんなさいね~』といった感じの空気を出していた。『近寄るな』という負の感じではなく、周りを決して嫌な思いをさせないけど、自分も嫌な思いをしないような空気感づくりはすごい」と尊敬の眼差しで語った。

 馬場同様に局アナ時代は「事件や事故、政治家などを“囲む”側をずっとやってきた」という大島アナは「写真集を出した時に、初めて“囲まれる”側をデビューした」とコメント。取材陣の中には一緒に頑張ってきた戦友のようなディレクターもいたそうで「いろんな取材を思い出してすごく感動したけど、『写真集でこんなことになるなんて……』と恥ずかしい感情が込み上げてきちゃった」と照れくさそうに話した。

 お笑いコンビ・ドランクドラゴンの鈴木拓は、新番組がスタートする際に囲み取材を受けることがあると言い、「僕はそういう時にそんなに喋らなくて、相方がボケたら『なんでだよ』とツッコミを入れるくらい。そんな取材の後に新聞を見てみたら、なぜか僕が関西弁で『なんでやねん!』とツッコミを入れている。記事を書いている人が僕のツッコミが甘くて困ったのかな? ツッコミと言えば関西弁で、ガンガンツッコミを入れている風にしようという意気込みは感じるけど、関東の人間なのに関西弁でツッコミを入れていることになっていることが恥ずかしくて……」と打ち明けた。この話を受けて、千原ジュニアは「関西人でも、過剰な関西弁に発言が変えられていることがある。だけど、恥ずかしさはそれ以上だろうね」と応じた。

 そして千原は結婚を発表した際に取材陣に囲まれたとコメント。奇しくも、福山雅治と結婚発表日が同じだったという千原は「みんなそっちに行っているだろうと思っていた」「囲まれることは全くの想定外」だったと回顧。さらに「友達におめでとう! と祝われて、ベロベロに酔っぱらって、籍を入れた宮古島から羽田空港に着いたら取材陣に囲まれた」と振り返り、「ベロベロの状態で取材を受けているから、もう一度ちゃんとやらせてほしい!」と語った。鈴木が「その時の映像を見返したら、今見てもベロベロに酔っぱらっているってすぐわかる?」と問うと、千原は「わかるわかる! 必死で福山さんの曲やドラマのキーワードを引用して、なんとかボケてるけど、ややウケやねん……」と回顧し、笑いを誘った。
《松尾》
【注目の記事】[PR]

関連ニュース

特集

page top