乃木坂46・寺田蘭世、『乃木坂工事中』で卒業挨拶「大切な、かけがえのない時間」 | RBB TODAY

乃木坂46・寺田蘭世、『乃木坂工事中』で卒業挨拶「大切な、かけがえのない時間」

エンタメ その他
乃木坂46 寺田蘭世(撮影:竹内みちまろ)
  • 乃木坂46 寺田蘭世(撮影:竹内みちまろ)
【PICK UP】

 乃木坂46・寺田蘭世が、12日放送の『乃木坂工事中』(テレビ東京系)に出演。卒業挨拶をした。

 2013年3月に2期生としてグループに加入し、活動してきた寺田。この日の番組エンディング、バナナマンから花束を渡された彼女は、最後のメッセージとして「約9年間、本当にお世話になりました」と頭を下げ、「(バナナマンの)お2人にも色んなことを教えてもらったと思いますし、ここにいるスタッフの皆さんにも本当に(お世話になった)」と感謝。

 続けて、「たまに昔の動画を見返すと、皆さん同じくらい年をとったんだなぁ」と笑い、「長い年月やってこれたことが何よりも大切な、かけがえのない時間だった」と振り返った。

 グループ卒業と同時に芸能界引退を発表している寺田。「他のメンバーのように『どこかでお会いしましょう』と言えないのが寂しいと言えば寂しいんですけど、これからも私らしくどこかで頑張るので、普通に仲良くしてください」とメッセージ。「本当にお世話になりました。ありがとうございます」と重ねて謝意を告げると、設楽統は「お疲れ様でした」とねぎらい、日村勇紀とともに拍手を送っていた。
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top