アンガ田中、屈辱的な合コン話「このガム噛んだら、いていいよ」 | RBB TODAY

アンガ田中、屈辱的な合コン話「このガム噛んだら、いていいよ」

エンタメ その他
アンガールズ・田中卓志【撮影:小宮山あきの】
  • アンガールズ・田中卓志【撮影:小宮山あきの】
【PICK UP】

 アンガールズ田中卓志が、22日放送の『上田晋也VS人気芸人トーク検定2時間SP』(フジテレビ系)に出演。屈辱的な合コンエピソードを語った。

 まだテレビに出ていない頃、先輩に呼ばれて合コンに参加したという田中。だがその日たまたま仕事があり、1人だけ遅れて行ったという。すると女性メンバーのリーダー格が彼を見るなり「うわ~何~ブサイクじゃん」と暴言を吐き、「帰れ!帰れ!」と、まさかの“帰れコール”。

 だが田中は「これで帰ったら芸人として空気を悪くしてしまう」と気持ちを強く持ち、「ごめん、ちょっといさせてよ」と懇願。これに対してリーダーは、タバコを吸いながら噛んだガムを灰皿の横につけ、「このガム噛んだら、いていいよ」と強要してきたのだとか。

 彼はその後にとった行動として「クソー!と思ったんですけど、気が付いたら噛んでたんですよ」と語ると、スタジオにいた飯尾和樹は「いいぞ!勇者!勇者!」と称賛。くりぃむしちゅー上田晋也から「(でも女性に)引かれただろ?」と聞かれると、田中は「いや。『まぁまぁ、やるじゃねーか』と言われました」と、認められたと笑っていた。

【PICK UP グルメ】
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top