ウエンツ瑛士、帰国後初のドラマ出演決定!10月期日曜劇場『日本沈没』 | RBB TODAY

ウエンツ瑛士、帰国後初のドラマ出演決定!10月期日曜劇場『日本沈没』

エンタメ 映画・ドラマ
(c)TBS
  • (c)TBS
  • (c)TBS
【PICK UP】
※「坂道グループ」専門ニュース

 ウエンツ瑛士が10月から放送開始となるドラマ『日本沈没―希望のひと―』(TBS)に出演することが決定した。ウエンツにとって同作が帰国後初のドラマ出演となる。

 同ドラマは、1973年に刊行された小松左京による『日本沈没』をもとに、原作でも描かれていた「環境問題」を、2021年バージョンとして今に照らし合わせて描く。主人公を含め登場人物をオリジナルキャラクターにし、2023年の東京を舞台に、今だからこそ描くべき物語を展開。沈没という目に見えない危機が迫る中で「見出していく希望」をテーマに描いていく。主演は小栗旬で、松山ケンイチ、杏、仲村トオル、香川照之らの出演が決定している。

【グルメ PICK UP】
※都内の超人気カレーパンを食べ比べ! 冷めても美味しい絶品カレーパンを発見!※「高級生食パン」を食べ比べ! 満場一致であのブランドが1位に…!※一足早い初夏の絶品ケーキ!コストコの「マンゴームーススコップケーキ」

 今回出演が決定したウエンツが演じるのは、小栗演じる天海啓示とともに日本の未来に立ち向かう個性豊かな“日本未来推進会議”メンバーの1人、石塚平良役。石塚は、厚生労働省代表でメンバー最年少。各省庁間で対立し合う会議メンバーの中で、潤滑油となる存在だ。

 出演決定にウエンツは「素晴らしいキャスト、スタッフさんの皆さんとお芝居を出来る喜びに満ち溢れています。歴史のある作品で気の抜けないシーンが続いていきますが、その中で、弱さが剥き出しになった時に起こる人間ドラマを楽しんでいただけるんじゃないかと思います。1つの判断が命を左右する未曾有の危機においてのムードメーカーという役割は、役柄的にも僕自身も常に不安との闘いでした。しかし希望も絶望も全て人の中にある事を改めて学べる素晴らしい作品です」とコメントしている。
《松尾》
【注目の記事】[PR]

関連ニュース

特集

page top