菜々緒、謝罪イベントで自虐!「ロケ中に怒鳴り散らし…」 | RBB TODAY

菜々緒、謝罪イベントで自虐!「ロケ中に怒鳴り散らし…」

エンタメ 映画・ドラマ
菜々緒【撮影:小宮山あきの】
  • 菜々緒【撮影:小宮山あきの】
  • 永野芽郁【撮影:小宮山あきの】
  • 遠藤憲一、菜々緒、川栄李奈、永野芽郁、広瀬アリス、小池栄子、大島美幸【撮影:小宮山あきの】
  • 広瀬アリス【撮影:小宮山あきの】
  • 川栄李奈【撮影:小宮山あきの】
  • 大島美幸【撮影:小宮山あきの】
  • 遠藤憲一【撮影:小宮山あきの】
  • 小池栄子【撮影:小宮山あきの】
 永野芽郁、広瀬アリス、菜々緒、川栄李奈、大島美幸、遠藤憲一、小池栄子が21日、都内で行われた映画『地獄の花園』完成報告謝罪イベントに、特攻服やスカジャンなどの役衣装で登場した。

 同作は、バカリズムのオリジナル脚本を映画化。普通のOL生活を送る主人公・直子(永野)の職場に、カリスマヤンキーOLの蘭(広瀬)が中途採用されたことで繰り広げられる、OLたちの壮絶な抗争を描く(5月21日公開)。

 イベントは、同作の宣伝により、OLのイメージについて世間に“多大なる誤解”を与えたのではないかという設定のもと、全国のOLに向けた謝罪会見さながらの演出で行われた。

 登場早々、永野が「映画とはいえ、暴言を吐き続け、OLのイメージを大きく変えてしまったことをお詫びいたします。申し訳ありませんでした」と頭を下げると、ヤンキーOL役の広瀬も、「OLの仕事は苦手だったんですけれど、喧嘩がとても得意で、日々悪い奴らと喧嘩ばかりしていて申し訳ございませんでした」と、続いて謝罪。

 OL達を牛耳る“悪魔の朱里”役の菜々緒は、「ご覧の通りコーンロウで毎日出社したこと、ロケ中に怒鳴り散らし、週刊誌に撮られてしまったこと、朱里(あかり)という名前だったにも関わらず、“しゅり”と読み間違えて、役名を変えてしまったことをお詫び申し上げます」と、自虐ネタも盛り込んだ謝罪で、笑いを誘った。

 また、「OLのイメージを大きく損ねたと思う人は?」との問いに、広瀬は「菜々緒」の名を挙げ、「世に出た週刊誌が、やっぱり著しく印象を(損ねた)…。この格好でスタジオを歩いていると、誰も目を合わせてくれなかったんですよ。色んな番組で、色んなタレントさんがいらっしゃったんですけれど、やっぱりそれが大きいのかなと思いました」と指摘。これを聞いた菜々緒も、「誰一人として目が合いませんでした…」と認めて、会場をわかせた。

 ミニスカート姿で美脚も話題になっている遠藤は、「とにかくこの姿をお詫びします」と謝罪。また「今年還暦なんですね。60歳のイメージがこういう感じだと思っていなかったので、想像通りにいかないなと思って。でも、年関係なく突飛な役をいただけるのは嬉しかったです」と笑顔。

 派手な特攻服のOL達とのアクションシーンに臨んだ永野は、「皆さんがおかしいのに、私は一人だけ浮いている気がするという所から戦わないといけなかったので、体力というより、精神力との戦いでした。クランクインの4、5カ月前からアクションの練習をして、広瀬さんと小池さんとは初めましての状態で殴り合いからスタートしたので、普段とは違う距離の詰め方ができたのかな」と、撮影時を回顧。

 最後は、同作について「怖い話ではないので、笑ってみてください」と、笑顔でアピールした。
《小宮山あきの》

関連ニュース

特集

page top