日向坂46・齊藤京子、本来は歌手志望「受かったのがアイドルだったというだけで…」 | RBB TODAY

日向坂46・齊藤京子、本来は歌手志望「受かったのがアイドルだったというだけで…」

エンタメ その他
齊藤京子【撮影:こじへい】
  • 齊藤京子【撮影:こじへい】
【PICK UP】
※【連載】はるなのテレワーク環境構築※YouTuber・クリエイター達の秀逸環境をチェック※芸能・エンタメ最新ニュース

 日向坂46・齊藤京子が、7日放送の『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)に初出演。意外な本音を打ち明けた。


 日向坂の一期生である齊藤。東野幸治から「やっぱりアイドルに憧れて(芸能界に)入ったわけでしょ?」と聞かれると、彼女は「歌手に憧れて入った」と回答。続けて「ずっと歌手のオーディションを受けてたんですけど、受かったのがアイドルだったというだけで…」と正直に告白。これには東野も苦笑いし、フットボールアワー後藤輝基も「“だったというだけで”、っていうの、やめて…」とダメ出し。

 「最初は戸惑いとかはなかった?」という質問に彼女は「キューン、キュンキュンキュンみたいな感じなのがビックリだった」と、日向坂のデビューシングル『キュン』に困惑したと答えた。

 このあと話題は、好きだったアーティストの話題へ。齊藤はシンガーソングライター奥華子のファンになり、そのライブにも足を運んだという。当時、芸能界を目指すもオーディションに落ち続けていたという彼女は奥のファンに対する姿に「いつか芸能人になったら、これくらいファンサービスしたいな」と思い続けていたと話した。
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top