小池栄子、映画撮影秘話明かす!監督から「今日はカラス5でやって!」  | RBB TODAY

小池栄子、映画撮影秘話明かす!監督から「今日はカラス5でやって!」 

エンタメ その他
小池栄子【撮影:浜瀬将樹】
  • 小池栄子【撮影:浜瀬将樹】
【PICK UP】
※【連載】はるなのテレワーク環境構築※YouTuber・クリエイター達の秀逸環境をチェック※芸能・エンタメ最新ニュース

 小池栄子が、27日放送の『サワコの朝』(TBS系)に出演。昨年公開された大泉洋とのダブル主演映画『グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇~』の撮影秘話を語った。


 同作は、太宰治の未完の遺作『グッド・バイ』をもとに上演された舞台の映画化作品。監督・成島出は、太宰の原作に「カラス声の女」というト書きがあることから、小池が演じる女性の「声を決めよう」と提案。基本はカラスのようなダミ声だが、監督はその程度について「今日はカラス5でやって」「今日はカラス1」など毎回指示。

 監督の注文はさらに細かく、「カラス5だとちょっとウソくさいな。カラス3」。小池はそう言われるたびに「カラス3って何なんだろうと思いながら『わかりました』と言って一応やってました」と笑った。

 劇中では、大泉と乱闘を繰り広げる中、小池が「私、この人のこと好きかも」と意識するシーンがある。その時、彼女はタンスを持ち上げて彼に「うあ~っ!」と絶叫しながら投げるのだが、監督はテスト撮影の際、恋心が芽生えた瞬間の叫び声の変化について「カラスから白鳥!」と指示。

 これには小池も「監督、わかんないです」「これ伝わります?」と困惑。だが監督は 「恋ってそういうもんです」と返事をしていたそうだが、本番はカラス声の「わあ~!」と、白鳥バージョンの「あぁ~!」を録音。それを合成させた声を入れているという。小池は「多分、見てる方伝わってないと思う」と本音を述べながら、「そういう演出面白いですよね」と感心していた。
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top