『恋する母たち』第7話“まり”仲里依紗に熱視線!ネット沸騰「早く幸せになって」 | RBB TODAY

『恋する母たち』第7話“まり”仲里依紗に熱視線!ネット沸騰「早く幸せになって」

エンタメ その他
『恋する母たち』(c)TBS
  • 『恋する母たち』(c)TBS
  • 『恋する母たち』(c)TBS
  • 『恋する母たち』(c)TBS
 木村佳乃主演の金曜ドラマ『恋する母たち』(TBS系)の第7話が4日放送され、蒲原まりを演じる仲里依紗の生き方に注目がひときわ集まった。


 スキャンダルが明るみとなり、一瞬にしてすべてを失った弁護士の夫・繁樹(玉置玲央)。高級タワーマンションも手放すことになったが、幸い、優子(吉田羊)が、空き家になっていた林家を提供してくれた。だが、まりは無収入の夫の代わりに生活費を稼ぐため弁当屋でパートを始める。

 ところが彼女は、弁当屋にやってくる客と親しげに話し込んでしまうあまり、周囲のベテラン従業員から反感を買い、数日でクビになってしまう。それを繁樹に告げると、「主婦以外何もできないんだから、これからは黙って俺の言うとおりおとなしくしてろよ」と冷たくあしらわれ、さらに不満が溜まっていく。

 そんな彼女に、ラッパーとしての成功を夢見る息子の繁秋(宮世琉弥)から 「捨てちゃえよあんな男。俺が面倒見るから。必ず売れるから」と思いがけない言葉をかけられる。そして、明日開かれるというライブに招待される。

 ステージで歌う息子を客席の後ろで見ていたとき、そこに丸太郎(阿部サダヲ)が現れた。ライブを観た後、彼から「結婚しよう」とプロポーズされる。これに対してまりは涙を流しながら、「丸太郎と結婚したい。でも、今は弱り切っている夫を捨てることはできない。夫が立ち直ったら離婚する。だから…待っていてほしい」と頼み込む。そんな彼女に丸太郎は「惚れ直したよ」と語り、「いつでもおいで。待ってるから」とやさしく見つめる。

 SNS上では「ほんとに仲里依紗かわいい まりちゃんみたいな女性になりたい」「まりちゃん最高にカワイイ、いいオンナ」「まりちゃんは丸太郎さんと早く幸せになってほしい、クズ旦那は早々に捨ててほしい」といった声が寄せられた。

 さらに丸太郎を演じる阿部サダヲに対しても、「もう完全に阿部さんの丸太郎に惹かれてしまっている‥」「丸太郎かっこよすぎでは?? 阿部さんかっこよすぎでは??」「こんなに格好良い阿部さんが見られて幸せ」など関心が高まっている。

 次回、杏と斉木が幸せな新婚生活をスタートさせた。一方、通販番組「お買い物チャンネル」で活躍するまり。そんなまりは、意を決して丸太郎に衝撃的な提案をする。『恋する母たち』第8話は11日よる10時放送。
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top