NMB48が伝統芸能に挑戦!剣や扇を手に優雅な舞を披露! | RBB TODAY

NMB48が伝統芸能に挑戦!剣や扇を手に優雅な舞を披露!

エンタメ 音楽
NMB48メンバーが剣詩舞に挑戦
  • NMB48メンバーが剣詩舞に挑戦
  • NMB48メンバーが剣詩舞に挑戦
  • NMB48メンバーが剣詩舞に挑戦
  • NMB48メンバーが剣詩舞に挑戦
  • NMB48メンバーが剣詩舞に挑戦
  • NMB48メンバーが剣詩舞に挑戦
【PICK UP】※これが、できるYouTuber・クリエイターのデスク環境だ※絶対欲しい!IKEAで見つけた昇降デスク!※今週のエンジニア女子

 NMB48が1日に東京・日本武道館で行われた伝統芸能「吟剣詩舞」のイベント『吟と舞祭り』に出演した。


 イベントでは「ナギイチ」や「ワロタピーポー」などのNMB48のヒット曲4曲を出演メンバー8人で熱唱。そして、NMB48と吟剣詩舞の未来を担う若手「吟詠・剣詩舞スーパーチーム」のコラボでは、メンバーの川上千尋、梅山恋和、清水里香、菖蒲まりん、加藤夕夏の5人が刀や扇を持って踊る剣詩舞に挑戦した。

 パフォーマンスを終えた加藤は「初めて袴を着て、凛とした気持ちになれました。剣はずっしりと重かったですが、斬るときの風を切る感覚がとても気持ち良くて最高でした」と話し、梅山は「初めての挑戦ですごく緊張しましたが、自分らしく楽しんでパフォーマンスできました」と語っている。

 なお、NMB48のメンバーは9月に本番に向けて神戸の早渕流道場で剣詩舞を特訓。その稽古の様子は「NMB48 剣詩舞への道」と題して日本吟剣詩舞振興会公式YouTubeチャンネルで公開中。また、生中継での開催となった『吟と舞祭り』の本番映像は12月1日まで同チャンネルでアーカイブが公開中だ。

《松尾》

関連ニュース

特集

page top