百田夏菜子、尾上松也の“ゲーム課金”を心配 | RBB TODAY

百田夏菜子、尾上松也の“ゲーム課金”を心配

エンタメ 映画・ドラマ
石田ニコル、尾上松也、百田夏菜子(ももいろクローバーZ)【撮影:小宮山あきの】
  • 石田ニコル、尾上松也、百田夏菜子(ももいろクローバーZ)【撮影:小宮山あきの】
  • 石田ニコル、尾上松也【撮影:小宮山あきの】
  • 百田夏菜子(ももいろクローバーZ)【撮影:小宮山あきの】
  • 尾上松也【撮影:小宮山あきの】
  • 百田夏菜子(ももいろクローバーZ)【撮影:小宮山あきの】
  • 石田ニコル【撮影:小宮山あきの】
  • 百田夏菜子(ももいろクローバーZ)【撮影:小宮山あきの】
  • 尾上松也、百田夏菜子(ももいろクローバーZ)【撮影:小宮山あきの】
 歌舞伎俳優の尾上松也、百田夏菜子、石田ニコルが2日、都内のアートアクアリウム美術館で行われた映画『すくってごらん』プレ金魚の日スペシャルイベントに出席した。

 同作は、東京の本社から左遷され、荒んだ気持ちを抱えて田舎へとやってきた主人公・香芝誠(尾上)が、金魚すくいの店を営む美女・吉乃(百田)と出会い、成長していく物語(3月12日から全国公開)。

 3人は、作品の世界観さながらの和服姿で、巨大な金魚の水槽の前に登場。

 自身の和装について、百田は「金魚のヒラヒラッとしたイメージで作ってもらいました。赤色にポイントでお水のイメージの青も入れていただきました」と笑顔で紹介。石田は、「(自身の役柄の)明日香が浴衣を着るときは紫色だったので、紫色でお姉さんぽく統一してみました」と声を弾ませた。

 同作が映画初主演となる松也は、同作について「自分が主演させていただいた映画が、ほかで見たことないような新感覚で楽しく、日本しかできない金魚とのコラボで映画ができたことを誇らしく思います」と感慨深げにあいさつ。劇中では、英語でラップに挑戦したといい「全編英語でラップをさせていただいて、後にも先にも英語でラップを歌うことは無いだろうなと、貴重な体験をさせていただきました」と撮影時をふり返った。

 同作が初のヒロイン役となる百田は、「たくさんの方にお届けできるようにみんなで頑張ったので、楽しんでいただけたらと思います」と、にっこりアピール。劇中で初挑戦したというピアノについては「音楽の世界に居ながら全く触ったことがなかったので…、短期間で集中して、ピアノとたくさん向き合いました」と苦労を明かした。

 また、共演時の百田と石田の印象を聞かれた松也は、百田について「切り替えがはっきりしていて、普段の撮影の合間はすごくフランクですが、始まった瞬間に切り替わって、現場を明るくもしてくれるし、役の世界にも引き込んでくれました」と回顧。石田については、「安心感しかないですね、何も動じないというか、豪快に笑ったり、2人に癒されつつも引っ張ってもらいました」と印象を明かした。

 作品にちなみ、「お互いの“救ってあげたい”部分は?」との問いに百田は、「松也さんが現場でずっとゲームをしていて…。かなり課金をしながらゲームに夢中になっていて、『自分で止められない』って悩んでいたので、そこは救ってあげたいなと思いました」と暴露。さらに、百田が「最近はどうですか?」と心配すると、松也は「あの期間だけ、急にすごくハマっちゃって、大変な散財をしましたよ…。撮影が終わって自動的に止めました」と明かして、笑いを誘っていた。
《小宮山あきの》

関連ニュース

特集

page top