井川遥、『半沢直樹』の芝居はまだ手探り!?「私の役柄は原作にいないので……」 | RBB TODAY

井川遥、『半沢直樹』の芝居はまだ手探り!?「私の役柄は原作にいないので……」

エンタメ その他
井川遥【撮影:竹内みちまろ】
  • 井川遥【撮影:竹内みちまろ】
 井川遥が、12日放送の『王様のブランチ』(TBS系)に出演。日曜劇場『半沢直樹』(同系)の撮影秘話を明かした。


 同作で、半沢(堺雅人)や渡真利忍(及川光博)がなじみにしている小料理屋の女将、智美を演じている井川。8月30日オンエアの第7話では、この智美が元銀行員で、中野渡頭取(北大路欣也)の元部下だったことが判明した。

 このまさかの展開に、リポーターの小林麗菜が「驚きました」と言うと、井川も「驚きましたよね」と返答。さらに「私も10話を知らないので……」と、9月27日の最終話の内容を把握していないと語った。

 ここでニッチェ近藤くみこから「決定稿はギリギリまで届かないのか」と聞かれると、井川は「はい」。原作は作家・池井戸潤の同名小説だが、彼女は、「特に私の役柄は原作にいないので、どういうふうになるのかなあ……」と、若干の不安も感じている様子。

 さらには「(いつも台本の到着を)きた?きた?とマネージャーさんに聞きながら……」と笑い、「それによって今週のやり方が変わるかなと思っている」と、毎回手探りで演じていると述べていた。
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top