GENKING、都内一等地の高層マンションで“専業主婦”生活 | RBB TODAY

GENKING、都内一等地の高層マンションで“専業主婦”生活

エンタメ その他
GENKING【写真:竹内みちまろ】
  • GENKING【写真:竹内みちまろ】
 GENKINGが、14日放送の『火曜サプライズSP』(日本テレビ系)に出演。驚きの近況が明らかになった。


 この日、自宅を自撮りしたGENKING。その部屋は「都内一等地に建つ超高層マンションの30階以上」と紹介された。またリビングの広さは50平方メートルで、常に自分が見えるように天井まで全て「鏡」なのだとか。

 最近はブランドバッグも買わなくなったというGENKING。1部屋を丸々使った特大クローゼットの中には、かつて愛用していた靴や衣装、カバンを収納。それらを見ながら、「昔大好きだったブランドたちですね。こんなの使わなくなっちゃった」と振り返った。

 日々の食生活は基本的に自炊だというGENKING。和食の知識に関する認定資格「和食マイスター」を取得し、レシピを紹介するインスタのフォロワー数は29万人以上にのぼる。また特注の冷蔵庫の中には、ナスの煮びたしやマカロニサラダ、鶏の手羽元煮など「作り置きのおかず」を保存していた。

 自撮りリポートをひとしきり終えたGENKINGは最後に、スタジオにいるウエンツ瑛士に向かって、「ウエンツ君、元気?私はめっきり落ち着いて、専業主婦みたいになりました」と呼びかけていた。2017年、性別適合手術を受け、戸籍上も女性になったGENKING。現在は年下彼氏と同棲しているという。
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top