ラサール石井、吉村知事に要望「大阪市民全員にPCR検査を」 | RBB TODAY

ラサール石井、吉村知事に要望「大阪市民全員にPCR検査を」

エンタメ ブログ
ラサール石井【撮影:編集部】
  • ラサール石井【撮影:編集部】
 タレントのラサール石井が7日、自身のTwitterで大阪府の吉村洋文知事に「大阪府民全員、無理なら大阪市民全員にPCR検査をして真の陽性率を出して下さい」とメッセージを送った。


 ラサールはこの日、大阪府が出した独自の自粛解除基準「大阪モデル」を「いいと思います」と評価するとともに「その実行力で是非、大阪府民全員、無理なら大阪市民全員にPCR検査をして(無論強制ではなく)真の陽性率を出して下さい」と要望。続けて「それが日本の陽性率の指標になるでしょう。無症状感染者を自宅療養にし、2週間後に再検査して感染者が減っていれば大成功ではないですか」とつづった。

 ラサールは先月26日に休業要請に応じないパチンコ店を公表した吉村知事をTwitterで「『皆さん、パチンコ屋が軒並み閉まって大変でしょう。今ならここが開いてますよお』と宣伝した結果になるの、わからんかったんかな」と批判。それに対して吉村知事は「大阪に700店舗近くパチンコ店があり、休業要請後に120店舗の開店状況と府民の苦情と専門家の意見。そこから詰めてきた結果の現在公表3店舗」と公表までの経緯を説明し、「ここだけ捉えて『分からんかったの?』とはお気楽な立場だよ。影響力ある立場なら『今だけはやめときましょう』位言えないのかね」と反論していた。

 なお、吉村知事は今回のラサールの投稿に本稿執筆時点(5月8日16時49分)ではまだ反応していない。
《松尾》

関連ニュース

特集

page top