坂上忍、37.5度4日以上見直しに「何を今更いってるんだ」とあきれ | RBB TODAY

坂上忍、37.5度4日以上見直しに「何を今更いってるんだ」とあきれ

エンタメ その他
坂上忍【撮影:椿山】
  • 坂上忍【撮影:椿山】
 坂上忍が8日放送の『バイキング』(フジテレビ)で新型コロナウイルスの受診の目安を見直すと発表した加藤勝信厚生労働相にあきれる一幕があった。


 厚労省はこれまで新型コロナの受診の目安として「体温37.5度以上が、4日間以上続いた場合」などとしていたが、先日これを「発熱37.5度以上の目安をなくす」「重症化しやすい人や妊婦らは発熱があればすぐに相談していい」「息苦しさや強いだるさに加え、高熱が出た場合もすぐに相談できる」といった内容に見直す方針を示した。

 これまで4日間の自宅待機中に容態が悪化し亡くなってしまうというケースが多発していた。迅速な見直しが求められていただけに、この遅いタイミングの見直しとなったことを問題視する声は多い。また先月、加藤厚労省は「発熱後4日間の自宅待機ルール」について「このルールはPCR検査を受ける目安ではなく受診の目安だった」「誤解があった」「すぐに電話していただきたい」と発言。「国民が誤解した」とも取れる発言をし、ネット上では「ふざけるな!」「何が誤解だよ!」と批判の声が多数上がっている。

 受診目安の見直しを発表した加藤厚労省に坂上は「何を今更いってるんですかね。フニャフニャフニャフニャ……」とあきれた様子で話し、さらにジャーナリストの鈴木哲夫は「誤解」発言について「周知をされていないからこういうことになっている」「説明するにも普通の人にもわかる周知を考えないといけない」と指摘。坂上は「今回のコロナの一連ですけど厚労省の責任は大きいような気がする」と厳しく断罪した。
《松尾》

関連ニュース

特集

page top