朝ドラ『エール』志村けんさん登場に『あさイチ』近江アナ涙 | RBB TODAY

朝ドラ『エール』志村けんさん登場に『あさイチ』近江アナ涙

エンタメ その他
 5月1日放送の『あさイチ』(NHK)で、近江友里恵アナが涙する一幕があった。


 この日の連続テレビ小説『エール』の冒頭、GReeeeNによる主題歌『星影のエール』が流れた後、「志村けんさんは3月にお亡くなりになりました 謹んで哀悼の意を表します」というテロップが表示された。

 志村さんが初登場したのは本編最後の10秒。演じるのは童謡「赤とんぼ」などで有名な作曲家・山田耕筰をモデルにした小山田耕三で、彼の後継者が現れたことを報じる新聞記事に対し「本物か、まがい物か…楽しみだね」と、皮肉を込めて言い放つ。

 この後、NHKは8時15分から『あさイチ』が生放送された。スタジオの近江アナは、志村さんの『エール』の登場に声を詰まらせながら「おはようございます。5月1日金曜日の『あさイチ』です」と挨拶。「ちょっと、びっくりしちゃいましたね、最後」と涙を拭い、「かっこよかったですね」と存在感のある志村さんの演技を評した。

 この日もリモート出演となった博多華丸大吉。華丸が、『エール』に出てきた小山田(志村さん)について「名曲『東村山音頭』を作られた方」と笑いを誘うと、大吉は「たぶん違いますよ。そこはリンクしてこないですよ。待っても待ってもイッチョメ、イッチョメは言わないと思いますよ」と冷静にツッコミ。

 そんな華丸のボケに近江アナも笑ったが、この日はスタジオに彼女一人。「こんなときに華大さんがいない……」と寂しそうだった。
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top