林遣都&小松菜奈W主演で『恋する寄生虫』映画化決定! | RBB TODAY

林遣都&小松菜奈W主演で『恋する寄生虫』映画化決定!

エンタメ 映画・ドラマ
(C)2021「恋する寄生虫」製作委員会
  • (C)2021「恋する寄生虫」製作委員会
  • 三秋縋「恋する寄生虫」(メディアワークス文庫/KADOKAWA 刊)
 『三日間の幸福』や『君の話』などで知られる小説家・三秋縋の代表作『恋する寄生虫』が林遣都と小松菜奈のダブル主演で実写映画化することが決定した。


 同作は極度の潔癖症に苦しむ青年・高坂賢吾と視線恐怖症の不登校女子高生・佐薙ひじりが出会い、運命の恋に落ちていく姿を描く儚い恋の物語。林は高坂を、佐薙を小松が演じ、監督はCMやミュージックビデオを中心に多岐にわたり活躍を広げる柿本ケンサクが担当。また、脚本は『長い散歩』(2006年)、『眉山―びざん―』(2007年)、『トワイライト ささらさや』(2014年)の山室有紀子が手掛ける。

 同作について高坂を演じた林は「人生に行き詰っていた人間が、誰かと出会って感じたことがない喜びを味わい、思いがけないところにたどり着く。この映画も、誰も想像出来ない世界が広がっている新しいラブストーリーになっていると思います」とコメント。内容や設定に癖があり難しい役柄だったそうだが、小松と心を通わせながら気持ちをぶつけ合うことが出来たと言い、「きっと今まで見たことのない恋愛映画になっていると思うので、観ていただける皆さんには登場人物それぞれの感情の変化を想像しながら楽しんで頂ければ嬉しいです」と語った。

 視線恐怖症に苦しむキャラクターを演じるにあたって迷いや不安もあったという小松は「撮影が進んでいく中で彼女を理解していき、最後には素直に感情をぶつけられたと思います」と振り返り、「佐薙ひじりを演じる日々はとても愛おしく楽しい時間でした」とコメント。そして「素敵な物語に柿本監督の個性が混ざり合い、きっとこれまでにない新しい作品になっていると思うので、ぜひみなさんにも楽しんで観て頂けたら嬉しいです」と呼びかけた。

 映画『恋する寄生虫』(配給:KADOKAWA)は2021年公開。
《松尾》

関連ニュース

特集

page top