霜降りせいや、『M-1』優勝の秘策を明かす…優勝後の悩みも | RBB TODAY

霜降りせいや、『M-1』優勝の秘策を明かす…優勝後の悩みも

エンタメ その他
せいや(霜降り明星)【写真:竹内みちまろ】
  • せいや(霜降り明星)【写真:竹内みちまろ】
 霜降り明星・せいやが、17日放送の『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)に出演。『M-1グランプリ2018』(同系)優勝の裏側について語る一幕があった。


 番組恒例企画「もしもこんな2人を飲ませたら」。この日せいやは、昨年末の『M-1』王者となったミルクボーイ駒場孝とサシ飲みすることに。『M-1』後について駒場が「ヘコんだりした?」と聞くと、せいやは「その連続ですよ」と回答。「自分が見ていた番組にバンバン呼ばれる」としながら、「途中から『無理やわ』と思って逆に開き直った」と、自分の実力のなさを回顧した。

 さらに「どんだけ頑張ってもTwitterで嫌われた」「ネットニュースでも、とんでもないこと書かれた」とも述べ、「自分が好きなことや、できることだけ(をしようと)辿り着くまでがしんどかった」と述懐。「ホンマ、メンタル削られました」とも明かした。

 さらにせいやは、『M-1』決勝までの過ごし方をミルクボーイの内海崇に伝授したと告白。「わざとネタを飛ばして、そのときの相方(粗品)の対処力を見た」「相方も、のど飴をなめてコーヒーを飲んで最高に口臭い状況でも冷静に漫才できるか(試された)」さらに「僕のベルトが緩い場合(でも漫才をした)」など、あらゆる状況下でシミュレーションをしたと告げた。

 そんな驚きの対策を相方の内海から聞いていたという駒場は、「『M-1』に対してそこまでストイックに、全部のパターンをやったなんてすごいな」と驚いていた。
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top