生駒里奈、乃木坂デビュー秘話を回顧 レッスンのため秋田・東京往復10時間 | RBB TODAY

生駒里奈、乃木坂デビュー秘話を回顧 レッスンのため秋田・東京往復10時間

エンタメ その他
生駒里奈(撮影:竹内みちまろ)
  • 生駒里奈(撮影:竹内みちまろ)
 生駒里奈が、21日放送の『メレンゲの気持ち』(日本テレビ系)に出演。乃木坂46のデビュー当時を振り返った。


 2011年、乃木坂の一期生としてデビューした生駒。いとうあさこから「そもそもアイドルになりたかった?」と聞かれると、「全くと言っていいほど興味がなかった」、さらには「アイドルという存在をあまり知らなかった」と告白。

 志望の動機について問われると、「引っ込み思案で、いじめられっ子だった」としながら、「高校に入って何もしなくなった私を心配した父がたまたまネットで(乃木坂の)オーディションを見つけた」と説明。「思い出作りに受けてこい」と薦められたと語った。

 そんな生駒は秋田県出身。グループに合格した後の状況として、「最初の1か月間は土日だけレッスンに通った」と告げ、秋田から新幹線で上京していたという。秋田から東京までの移動時間は4時間半で、さらに地元の最寄り駅から実家まで車で1時間かかるため、往復10時間かけて通っていたことが判明。久本雅美から「もうヘトヘトだね」と言われると、彼女は「記憶がないんですよ」と答えていた。
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top