Matt、「今年は加工しかしていない一年!」芸能人の“Matt化”希望者渋滞も明かす | RBB TODAY

Matt、「今年は加工しかしていない一年!」芸能人の“Matt化”希望者渋滞も明かす

エンタメ その他
「VOCE BEST COSMETICS AWARDS 2019」Matt
  • 「VOCE BEST COSMETICS AWARDS 2019」Matt
 野球解説者・桑田真澄氏の次男でアーティストのMattが13日、都内で行われた「VOCE BEST COSMETICS AWARDS 2019」に出席した。

 美容雑誌『VOCE』が主催する同アワードは、ヘアメイクアップアーティストなどのビューティスト審査員が、その年の最も優秀なコスメなどを選出する“ビューティ界のアカデミー賞”。

 今年美容業界を最もにぎわかせた「最もニュースな美容人2019」に選ばれたMattは、トロフィーを贈呈されると笑顔を浮かべた。

 「VOCE美容流行語大賞」の発表にも立ち会い、第一位の「メンズ美容」というワードが発表されると、「こんなにもメンズ美容が盛り上がると思っていなかったので、すごく嬉しいです。僕もインスタを通して、男の子からもっとメイクをしたいとか、親や友達の前でも自信を持ってメイクができたらいいなというメッセージをもいただくので、僕が大きく一歩出ることで背中を押せているのかなって、僕の勇気にもつながっています」と熱く語り、「これからもメンズ美容を盛り上げていきたいです」と誓った。

 3位にランクインした「シワ改善」の話題になると、「シワはそろそろ出てくると思うので、その頃にはこの化粧じゃなくてもうちょっとナチュラルにしようと思っていて。シワができたら止めようと思っています」と宣言。「シワ対応じゃない化粧なので」と自身のメイクの“進化”のプランも告白した。

 授賞式後の囲み取材では、ネイルクイーンなどに続き、今年三つ目の受賞となることについて、「すごく嬉しいです。今年はこんな流れでいいんですかっていうくらいに、令和って平和というか、すごく多様性があって。僕のことだけじゃなく色んな見方ができるようになって日本って素晴らしいなって感じます」とにっこり。

 「今年はどんな一年だった?」との問いには、「加工しかしていない一年でした。こんなに人の顔を見ていたことがないなっていうくらい、人の顔をずっと見て加工をしてっていうのが続いています」と話して、会場の笑いを誘った。

 「今年何人くらいMatt化した?」と聞かれると「えー数えきれない。例えば番組内でこの二人だけを加工してくださいって言われて加工すると、やってほしいっていう出演者がいっぱい出てくるので、毎晩スキンケアのあとに2時間くらいの加工タイムが待っています。本当に加工ばかりしています」とMatt加工の希望者の芸能人が渋滞していることも告白。

 「加工が難しい顔は?」との質問には、「俳優さんとか塩顔とか味のある顔の人っておかしいんですよね。もう味が出ているのでこのままでいいみたいな」と語り、「自分の中でこの人は加工しない方がいいみたいな人がいて、その中には桑田真澄も入っています。パパはホクロを取るくらいですかね」と明かして、笑わせた。

 今後の活動については「クリスマスイヴに音楽を配信するので、その反応も楽しみですし、来年は音楽を取り入れて、メイクも継続してやっていきたいです。今の時代はいろんなことができたら一番いいなと思うので、歌だけじゃなく、ブライダルのプロデュースにも力を入れていきたいです」と抱負を語った。
《小宮山あきの》

関連ニュース

特集

page top