市原隼人、故・津川雅彦さんからの“遊びのお誘い”を述懐「『祇園へ行こう』と言われ……」 | RBB TODAY

市原隼人、故・津川雅彦さんからの“遊びのお誘い”を述懐「『祇園へ行こう』と言われ……」

俳優の市原隼人が18日、京都市内で行われた「京都国際映画祭2019」特別招待作品で自らが主演を務めた映画「喝 風太郎!!」の舞台挨拶に、メガホンを取った柴田啓佑監督と共に登壇した。

エンタメ 映画・ドラマ
市原隼人【撮影:こじへい】
  • 市原隼人【撮影:こじへい】
  • 市原隼人【撮影:こじへい】
  • 柴田啓佑監督【撮影:こじへい】
  • 市原隼人【撮影:こじへい】
  • 市原隼人【撮影:こじへい】
  • 市原隼人、柴田啓佑監督【撮影:こじへい】
 俳優の市原隼人が18日、京都市内で行われた「京都国際映画祭2019」特別招待作品で自らが主演を務めた映画「喝 風太郎!!」の舞台挨拶に、メガホンを取った柴田啓佑監督と共に登壇した。

 「サラリーマン金太郎」「俺の空」で知られる漫画家・本宮ひろ志の漫画作品を映像化した本作において市川は、大の酒好き、女好きで、自由気ままに生きる型破りな僧侶・風太郎を演じている。

 はじめに市原は「歴史と文化の重みを感じながらご挨拶させていただけることを光栄に思っております」と観客に向かって一礼。続けて、前日に同映画祭で三船敏郎賞を受賞した共演歴のある俳優・中井貴一に言及し、「『隼人の時代まで伝えていかなければならないことがある』とおっしゃってくれました」と振り返りつつ、「改めて、自分がこうして役者をやらせていただいているのも、諸先輩方が作ってきた道があるからだと感謝しております」と敬意を示した。

 また、同じく今回の映画祭で牧野省三賞を受賞した故・津川雅彦さんに関しては、「遊びを教えてくれようと、直接ご連絡いただいたことがあります」と告白。「僕は出られなかったんですけど、留守電に『祇園へ行こう』と入ってまして(笑) 本当に懐かしい思い出です」と目を細めていた。

 その後、「喝 風太郎!!」の主演を務めた感想を聞かれた市原は、「多くのファンがいる本宮さんがつくられた風太郎を演じさせていただけることが単純にうれしかったです」と喜びをあわらに。続けて、「日本がどうやって回っているかとか、深堀していける本当に考えさせられる作品」としたうえで、「脚本を読んでちょっと鳥肌が立ちました。すごいところに視点を置いてるなと思いました」と絶賛した。

 なお、無精ひげが特徴的な扮装については「毎回2時間かかるんですよ」とも。柴田監督が「市原さんの入り時間が早いんですよ。僕らは撮影の準備をするので役者さんより早く入るんですけど、同じくらいの時間に来られていたんですよね」と明かすと、市原は「よく髭も食べちゃって大変でしたよ」と笑顔で述懐していた。

※協力:吉本興業
《こじへい》

関連ニュース

特集

page top