木村拓哉、主演ドラマがクランクイン!パリでの世界初の撮影に「本当に恵まれてる」 | RBB TODAY

木村拓哉、主演ドラマがクランクイン!パリでの世界初の撮影に「本当に恵まれてる」

10月スタートの日曜劇場『グランメゾン東京』(TBS系)がクランクイン。本場パリの三つ星レストラン「ランブロワジー」にて世界初のドラマ撮影が実現したことが分かった。

エンタメ 映画・ドラマ
 10月スタートの日曜劇場『グランメゾン東京』(TBS系)がクランクイン。本場パリの三つ星レストラン「ランブロワジー」にて世界初のドラマ撮影が実現したことが分かった。

※楽天で「ドライブレコーダー」ランキングをチェックする!【PR】

 木村拓哉が型破りなフランス料理のシェフ・尾花夏樹をつとめる同ドラマ。料理に人生をかけ、パリに自分の店を持ち、二つ星を獲得するが、己の慢心から招 いた重大事件によってその座を追われ、店も仲間もすべて失ってしまう。その後、鈴木京香演じる女性シェフ・早見倫子と出会い、もう一度シェフとして生き直す尾花。周囲と衝突しながらも世界最高の三つ星レストラン「グランメゾン東京」を作り上げようと奮闘する。

 同ドラマがクランクインしたのは、世界最高峰の味を誇り、パリで最も予約が取れないことでも有名な超高級三つ星レストラン「ランブロワジー」。パリでも、ミシュラン三つ星評価を受ける店はわずか9 店舗。中でもこの「ランブロワジー」は、その三つ星を20年以上獲得し続ける世界でも希少なレストランである。「ランブロワジー」にテレビドラマのカメラが入ったのは、なんと今作が世界初のこと。

 「ラン ブロワジー」のシェフ、ベルナール・パコー氏は今回の撮影を許可した理由について「スタッフの話を直接聞いて(彼らは)信頼できるし、料理に対して真っ直ぐだ」と納得したそう。なお、木村は撮影初日、塚原あゆ子監督に、ファーストシーンでいまパリで流行している“あるモノ”を使って登場するアイデアを提案したそう。作中では、木村演じる尾花がどんなモノを使って現れるのかにも注目だ。

 木村はクランクインのシーンについて「どうしても必要なシチュエーションということでパリにお邪魔しているのですが、環境に本当に恵まれています。連続ドラマの1シチュエーションにここまで時間と費用を割いてモノを作るって本当に久しぶりで、『GOOD LUCK!!』(2003年)以来の感覚だなと思っています」とコメント。

 「ランブロワジー」を貸し切って撮影できたことについては「こんなにいい ことばかりクランクインから立て続けに起こると、この先悪いことばかりなんじゃないかと嫌な予感がするんですけど(笑)、本当にいい条件ばかりに恵まれています」と語っている。

日曜劇場『グランメゾン東京』(TBS系)は、10月スタート。毎週日曜21時から放送される。
《KT》

関連ニュース

特集

page top