坂道シリーズ運営、一部ファンの迷惑行為に再び注意喚起「警戒を強化せざるを得ない事態」 | RBB TODAY

坂道シリーズ運営、一部ファンの迷惑行為に再び注意喚起「警戒を強化せざるを得ない事態」

乃木坂46、欅坂46、日向坂46の運営会社が28日、それぞれのグループの公式サイトを更新。一部ファンの迷惑行為に注意喚起を行った。

エンタメ 音楽
乃木坂46【撮影:岸豊】
  • 乃木坂46【撮影:岸豊】
 乃木坂46、欅坂46、日向坂46の運営会社が28日、それぞれのグループの公式サイトを更新。一部ファンの迷惑行為に注意喚起を行った。

※楽天で「ドライブレコーダー」ランキングをチェックする!【PR】

 これまでも一部ファンの迷惑行為に注意喚起を行ってきた運営会社。この日は「メンバーに対しまして一部のファンの方による車両・徒歩等による追走や居住エリアでのストーカー行為など、メンバーのプライバシーを著しく侵害する行為が再度確認されております。最近では事務所近辺での待ち伏せ行為といった事案も多々報告されております」と記し、「大多数のファンの皆さまからは節度ある応援をいただいておりますが、一部の方の迷惑行為により、再び警戒を強化せざるを得ない事態となっております」と明かした。

 また「車両・徒歩等による追走、メンバーやその家族の居住エリアでのストーカー行為、また事務所近辺での待ち伏せ行為などの迷惑行為は、くれぐれもおやめいただきますよう、お願い申し上げます」と呼びかけ、迷惑行為が発覚した場合は即座に警察に通報し、イベントなどへの出入禁止処分を下すとした。

 さらに「メンバーに対して直接手紙・プレゼント等を手渡しする行為、カメラ等による撮影や盗撮行為、握手を求める行為も固く禁止させていただきます」とし、最後は「メンバーが活動に専念できるよう、御理解、御協力いただきますようお願いいたします」と理解を求めた。
《松尾》

関連ニュース

特集

page top