前田敦子、AKBの総選挙は「嫌で嫌で仕方なかった」 | RBB TODAY

前田敦子、AKBの総選挙は「嫌で嫌で仕方なかった」

元AKB48で現在は女優として活躍する前田敦子が4日放送の『伊集院光とらじおと』(TBSラジオ)に出演。AKB48の総選挙に対して正直な思いを語った。

エンタメ その他
前田敦子【撮影:編集部】
  • 前田敦子【撮影:編集部】
 元AKB48で現在は女優として活躍する前田敦子が4日放送の『伊集院光とらじおと』(TBSラジオ)に出演。AKB48の総選挙に対して正直な思いを語った。

※ほかの最新エンタメ記事をチェックする

 今でこそAKB48といえば大人気のアイドルグループだが、デビュー当時を知るファンはそう多くはないだろう。当時について前田は「最初の方は全然お客さん入らなかった。私たち知らなかったんですけど、誰かの知り合いの方が来てくれたりとか。本当のお客さんって本当に1人2人とかそういう感じだった」と語り、そんなAKB48がブレイクするきっかけとなったのが総選挙だったという。

 総選挙でテレビにも出られるようになったと語る一方で、前田は「嫌で嫌でしょうがなかった」と総選挙への正直な思いを吐露。「順位つけられるって何だろうって、秋元さんなんでこんなこと言いだしたんだろうって感じでした」と当時の心境を語った。

 そんな秋元康氏への不満を語る前田だが、伊集院光から「前田さんにとって秋元さんってどんな人ですか?」と聞かれると、「1つ言えることは言ったことは絶対なんですよね。間違いがないんですよ」とコメント。続けて「これをやりなさいって言われて、ヤダって言ったこともあるんですけど、結局やってみるとうまくいくんですよね。だからいうことを聞いて間違いがない人ですね」と秋元氏への思いを語った。

 秋元氏の失敗をたくさん見てきたという伊集院は「うーん」と唸るが、前田は「AKBに関しては間違いは一個もなかった」と断言していた。
《松尾》

関連ニュース

特集

page top