「飲むおにぎり」を実食!ポテチ代わりに食うと、たぶんイケそうな気がする | RBB TODAY

「飲むおにぎり」を実食!ポテチ代わりに食うと、たぶんイケそうな気がする

子供の頃ビックリしたのがね、友達の林くんがさ、「おにぎりが食べられない」って言うんですよ。何故かというと……いや正確に言うと「よそのお家のおにぎりがたべられない」んだって! 

ライフ グルメ
「飲むおにぎり」を実食!ポテチ代わりに食うと、たぶんイケそうな気がする
  • 「飲むおにぎり」を実食!ポテチ代わりに食うと、たぶんイケそうな気がする
  • 「飲むおにぎり」を実食!ポテチ代わりに食うと、たぶんイケそうな気がする
  • 「飲むおにぎり」を実食!ポテチ代わりに食うと、たぶんイケそうな気がする
  • 「飲むおにぎり」を実食!ポテチ代わりに食うと、たぶんイケそうな気がする
  • 「飲むおにぎり」を実食!ポテチ代わりに食うと、たぶんイケそうな気がする
  • 「飲むおにぎり」を実食!ポテチ代わりに食うと、たぶんイケそうな気がする
子供の頃ビックリしたのがね、友達の林くんがさ、「おにぎりが食べられない」って言うんですよ。何故かというと……いや正確に言うと「よそのお家のおにぎりがたべられない」んだって! “他人”の“生の手”が握ったからイヤなんだって! すげぇ! 当時僕は、「どの家だろうが、“お母さん”の手は全部きれい(清潔)」って思ってたから、林君の意識の高さに驚いたんすよね。

そんな林君にオススメなのが、現在ネットでも話題になっている「飲むおにぎり」シリーズです。ていうか、にぎってないだろ。飲むゼリーと同じようなチューブ容器に入ったペースト状の食べ物なのですが、なんでワザワザ“飲む”状態にしたのかな~と、原稿書いている今もワケ分かんない。お味は「梅かつお」と「梅こんぶ」の2種で、いずれも販売元のヨコオデイリーフーズ直販サイト「こんにゃくパークショップ」にて、各120円(税抜)で販売されています。

飲むおにぎり 梅かつおと梅こんぶ。各120円(税抜)。


この商品、全国のスーパーなどでも売っているらしいのですが、これが見当たらねぇ! 新宿近辺のスーパー5、6店舗に電話して聞いたのですが「お取り扱いはありませんねぇ」のひとこと。ならばと郊外のスーパーにもあたりましたが、ダメでした。結局、「近所で売っているのを見た」という編集部の方に買ってきてもらったのですが、もし見かけたら、意外とレアアイテムな可能性もありますので1個くらい購入してもよいかもですよ。

さて実食。ていうかさぁ……実を言うとあんまり気が進まないんだよなあ。だってさあ、想像するに、よくて冷めたお粥でしょう? それ以上の発展はあるのかと。

まずは「梅こんぶ」から。少し中身を確認しますよっと。

「梅こんぶ」を透明カップの中に少し出し、中身を確認。まあ、見た目は米粒の少ないお粥って感じ?


ははあ、見た目はまあ、おにぎりを液体状にしたらこうなりますよねってところ。色は梅っぽい感ありますなぁ。で、チューブに口を付けておそるおそる吸ってみました……。なるほどぉ~。梅酸っぱい感じのペーストの中に、ポロポロした米粒が入ってる感じ。そこに出汁っぽい風味があって、味は食感含めて意外と複雑。ていうかこれ、商品名に「生菓子」って書いてあるけど、携行食というよりはお菓子だね。むしろ駄菓子的テイスト。子供の頃好きだった梅ジャムを思い出しましたよ。食事としてではなくて、お菓子として食べるのがいいかも。

続いて「梅かつお」を。こっちはチューブから取り出すと、黒い。ほー、海苔ね。海苔が効いてると。

「梅かつお」を取り出しました。海苔が含まれているので、海苔の佃煮的な。


こちらも口に入れてみますと、まあ、アレですかね、貧相な僕の舌で味わった限りでは、梅風味の海苔の佃煮って感じ。こちらも酸っぱ甘い系でやっぱり「梅」なのですが、「梅こんぶ」に比べると甘みが強い。ちなみに、パッケージにも書いてありますが両商品とも紀州南高梅を使用しているとのことで……なんかそれ、スゴいの? ちょっとググったら、柔らかい果肉の最高級ブランドなのだそうで。

さて、両方実食を終わって気が付いたのですが、パッケージ側面にはおにぎりが描かれていて、ちょっとカワイイ感じになってるので、意外と楽しい。ここでも海苔のある/なしがパッと分かる仕様になっています。

パッケージ側面。海苔が巻かれているのが「梅かつお」。「梅こんぶ」は海苔なし


パッケージ側面。海苔が巻かれているのが「梅かつお」。「梅こんぶ」は海苔なし


というわけで、全体的に「ウ! ウマい!」って感じではないのですが、たとえば深夜、カップラーメンすら作るのがめんどくさくてポテトチップスで空腹満たすときってあるじゃないですか? そんなときに、もう少し腹に溜まるものとして選択したり(ご飯粒も楽しめますからね)、おやつとしてちゅーちゅーやるのもいいのかなと。また、保存期間もチューブ系食品同様長いので、保存食として置いておくのよいでしょう。

購入した商品の保存期間は来年までとなっていました。保存方法は、直射日光と高温多湿をさければOK。とのこと。


カロリーが200kcalなので、風邪を引いたときには、ビタミンなどが入った飲むゼリーと一緒に食べて、栄養補給するという手もあるかな。ゼリーよりは固形物が断然多いから、食欲がないときにはよろしいなと。噛まないで食べられるのはいいですね。

実は編集部に買ってもらったもの以外にも、個人的にこんにゃくパークショップから「飲むおにぎり 梅かつお 180g×6個入 120円×6個」(税込778円)を購入してしまったので、保存食として置いておきつつ、夜中に小腹が空いたときにチョイチョイ楽しみたいと思いました~。
《DAIRO》

関連ニュース

特集

page top