欅坂46・織田奈那初主演『未来のあたし』が国際短編映画祭に入選&予告編公開 | RBB TODAY

欅坂46・織田奈那初主演『未来のあたし』が国際短編映画祭に入選&予告編公開

エンタメ 映画・ドラマ

欅坂46・織田奈那初主演『未来のあたし』が国際短編映画祭に入選&予告編公開
  • 欅坂46・織田奈那初主演『未来のあたし』が国際短編映画祭に入選&予告編公開
  • 欅坂46・織田奈那初主演『未来のあたし』が国際短編映画祭に入選&予告編公開
  • 欅坂46・織田奈那初主演『未来のあたし』が国際短編映画祭に入選&予告編公開
  • 欅坂46・織田奈那初主演『未来のあたし』が国際短編映画祭に入選&予告編公開
  • 欅坂46・織田奈那初主演『未来のあたし』が国際短編映画祭に入選&予告編公開
  • 欅坂46・織田奈那初主演『未来のあたし』が国際短編映画祭に入選&予告編公開
  • 欅坂46・織田奈那初主演『未来のあたし』が国際短編映画祭に入選&予告編公開
  • 欅坂46・織田奈那初主演『未来のあたし』が国際短編映画祭に入選&予告編公開
 映画『ヒーローマニア ー生活ー』『森山中教習所』『花宵道中』などの作品を手掛けてきた豊島圭介監督がメガホンをとるショートフィルム作品「未来のあたし」が国際短編映画祭” ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2018”の「ジャパン部門」に入選、ノミネーションされた。

 同作で主役を演じるのは女優・櫻井淳子と欅坂46のメンバー織田奈那。織田にとって、ショートフィルムでの主演は初のこと。ストーリーは、櫻井が演じる46歳の家庭をもつバリバリのキャリアウーマンが、過去にタイムスリップし、高校時代の自分に出会うというもの。国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2018」に豊島監督の作品がノミネーションされるのは2015年DefTech MICROが主演した『すけ坊』以来3年ぶり二度目のことだ。

 作品ノミネーションの報を聞いた櫻井は「今回ノミネートされ、とても嬉しいです。とにかく、この『未来の私へ』を沢山の方々に観てもらいたいです」とコメント。同じく主演の織田は、「自分が参加させていただいた作品がノミネーションされたことはとっても嬉しいですが、まだ自分のことじゃないみたいでとても驚いています」と喜びのコメント。「あまり演技の経験がないので他の方からみて、自分の演技がどのように映るの分かりませんが、全力で頑張ったので何か感じて頂けたら嬉しいです」と語っている。今回、作品の予告編も公開されているので、あわせて注目だ。

《Tsujimura》

関連ニュース

page top