『ひょうきん族』の“アミダばばあ”、実はコシノジュンコのデザインだった | RBB TODAY

『ひょうきん族』の“アミダばばあ”、実はコシノジュンコのデザインだった

エンタメ その他

(C)フジテレビ
  • (C)フジテレビ
  • (C)フジテレビ
  • (C)フジテレビ
 世界的なデザイナーのコシノジュンコが9日から放送される番組『モノシリーのとっておき~すんごい人がやってくる!』(フジテレビ)に出演する。同番組はその道のプロ中のプロに古舘伊知郎が迫るバラエティ番組。

 番組では、コシノからテレビ初告白となる貴重な話が飛び出す。実は世界に披露したコシノのあのデザインに出身地である大阪・岸和田の精神が込められていた……などの興味深い秘話や、80年代の国民的バラエティー番組『オレたちひょうきん族』で明石家さんまが扮(ふん)した大人気キャラクター“アミダばばあ”の独特な衣装が、実はコシノによるデザインだったことなどが裏話とともに明かされるという。

 収録を終えたコシノは「すっごく楽しかった! 最初は、セットの和室のインテリアに『私は合わないな』って思っていたんですけど、だんだん、そのギャップが面白いかなって感じ始めてね、笑。古舘さん頭良いから、話しながらイメージが沸いてきてトークが止まらなくなっちゃった。色々なバリエーションの話ができて楽しかったです!」とコメント。

 この他にも番組にはプロフィギュアスケーター・安藤美姫や世界的パティシエの鎧塚俊彦も出演する。『モノシリーのとっておき~すんごい人がやってくる!』(フジテレビ)は2月9日19時から放送開始。
《松尾》

関連ニュース

特集

page top