吉田明世アナ、「サンジャポ」を年内で卒業 自宅と中継つないで発表 | RBB TODAY

吉田明世アナ、「サンジャポ」を年内で卒業 自宅と中継つないで発表

10日に放送された『サンデー・ジャポン』(TBS系)で、吉田明世アナウンサーが年内の番組卒業を発表した。

エンタメ その他
吉田明世アナ【写真:竹内みちまろ】
  • 吉田明世アナ【写真:竹内みちまろ】
 10日に放送された『サンデー・ジャポン』(TBS系)で、吉田明世アナウンサーが年内の番組卒業を発表した。

 先週3日の番組放送中に途中退席した吉田アナ。その後、第一子妊娠が公表された。この日は大事をとって自宅で休養。代打を『サンジャポ』の前アシスタントでフリーアナウンサー・田中みな実が務めた。

 番組中盤、自宅にいた吉田アナと中継をつないでスタジオとやり取り。彼女は以前取材した翻訳デバイスについて自宅のリビングでフリップを用意し、自ら解説。さらに先週の途中退席を詫び、「今はすっかり落ち着きました」と報告した。

 番組終了間際、爆笑問題・田中裕二から、同アナの年内卒業が突然発表された。再び自宅に中継でつなぐと、吉田アナは「今年いっぱいで卒業させていただくことになりました。お世話になりました」と感謝を述べ、「あと2回、ちょっとでも番組の力になれるように頑張らせてもらえたらと思います」と意気込みを語った。

 田中は「無理せず、楽な気持ちでやってやっていただきたいと思います」と気遣った。相方の太田光は、2013年、『朝ズバッ!』の生放送中に司会・みのもんたが、吉田アナのお尻を触ったのではないかというかつての騒動を蒸し返し、「みのさんにもお尻触られて……」と振り返ると、吉田アナは「いやいや、触られてないですよと笑顔で否定していた。
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top