みやぞん、貧しかった幼少時代明かす!ライターの炎で絵本読んでもらった | RBB TODAY

みやぞん、貧しかった幼少時代明かす!ライターの炎で絵本読んでもらった

エンタメ その他

みやぞん【撮影:竹内みちまろ】
  • みやぞん【撮影:竹内みちまろ】
 ANZEN漫才・みやぞんが28日、「とんねるずのみなさんのおかげでした 30周年記念SP」(フジテレビ系)に出演。女手一つで育ててもらった幼少時代、ライターの炎で絵本を読んでもらった過去を明かした。 

 幼少時代、ガスも電気も止められてしまったみやぞんの実家。そこで母に、ライターの炎で「桃太郎」を読んでもらったと語った。だがその「桃太郎」も母の手書きで、サル、キジ、イヌだけではなくネコやイルカも出てきたという。

 また母親のマイホームを買うのが夢と語るみやぞん。石橋貴明が同番組の人気コーナー「買う」シリーズに合わせ、「みやぞん、家を買う。」と提案すると、「それあるんだったら買います」と購入を約束していた。

 昨年6月、同番組出演を機にブレークしたみやぞん。母からは直前まで「今度売れなかったら芸人を辞めて働け」と言われ、番組出演がラストチャンスだったと語っていた。
《小磯秀夫》

関連ニュース

特集

page top