市川海老蔵、人間ドックへ「病はそんな感情関係なく来る」 | RBB TODAY

市川海老蔵、人間ドックへ「病はそんな感情関係なく来る」

エンタメ ブログ
市川海老蔵 <撮影 竹内みちまろ>
  • 市川海老蔵 <撮影 竹内みちまろ>
 歌舞伎俳優の市川海老蔵が7日、ブログで人間ドックに行ってきたことを報告。今年6月に亡くなった妻・小林麻央さん(享年34歳)の乳がんの兆候が確認されたのも人間ドックだったことを思い返し「己に憤りを感じてます」とやりきれない思いをつづっている。

 「今日は人間ドックです。短めですが、一人で検査です」と切り出した海老蔵は「今は物凄く進んでいる事を知っています。なんでいま知ってるんだろ、と己に憤りを感じてます」と亡くなった麻央さんへの後悔と複雑な心境を吐露。続けて「病はそんな感情関係なく来るので まな板の上の海老という事で検査してきます」とジョークを交えつつ、ブログを締めくくった。

 海老蔵と麻央さんは2014年2月に人間ドックに行きその際、乳房にしこりがあることが判明。医師は「がんではない」と診断するが、同年10月に同じ箇所にしこりが確認され、ここで初めてがんであることが診断されるのだった。
《松尾》

関連ニュース

特集

page top