吉瀬美智子、20歳で一度女優業をあきらめていたと告白!理由は...... | RBB TODAY

吉瀬美智子、20歳で一度女優業をあきらめていたと告白!理由は......

エンタメ その他

吉瀬美智子【撮影:RBBTODAY編集部】
  • 吉瀬美智子【撮影:RBBTODAY編集部】
 20日放送の『ボクらの時代』(フジテレビ)に女優の吉瀬美智子が登場。「遅咲きの女優」と言われる吉瀬のこれまでや、私生活について自らの口から語った。

 吉瀬は木曜劇場『セシルのもくろみ』で共演、撮影の合間に話し込むこともあるという女優・板谷由夏、長谷川京子と3人で出演。3人それそれが女優として歩むまでの経緯を語る中で、吉瀬はなんと20歳のときに一度女優の道を諦めていることを告白した。

 吉瀬は福岡の出身。福岡弁には標準語との「微妙な語尾」の違いがあるが「それがわからなくてイントネーションを治すのがスゴイ苦戦」したという吉瀬は、20歳の頃この方言が原因となり、一回女優業を諦めたと告白。その後モデルとして活躍し32歳で再び女優にチャレンジ、「遅咲きって言われる」と自身でも口にした。吉瀬は再び女優へと挑戦することにした経緯を、モデルとしての地位が確立し「カバーに行けない、だったらどうしよう」と考えた末だったと語り、これまでの自身の経歴を「とんとんとんって来たわけじゃない。私は遅い」と語った。

 吉瀬はプライベートでは2児の母。一人目は38歳、二人目は42歳の時に出産と女優業でのブレイクの後、高齢出産と言われる年齢で子供を授かっている。また、一人目出産後に著書「幸転力」も出版するなど、吉瀬は私生活でも「遅咲き」とも言える。

 吉瀬の第2子はまだ9ヶ月。アレルギーがあるため離乳食などでも苦労していると母の顔で明かしたが、自身の性格は「男っぽい」と説明。はまっているものは「家電」であり、「すぐばっとやらないと嫌だし主人を待つのも嫌だから」とベビーベッドなど家具などの組み立てや調節も自身でどんどんとこなしてしまうという男前な一面に、板谷や長谷川も目を丸くしていた。
《築島 渉》

関連ニュース

特集

page top