織田裕二、陸上トークが止まらず……中井美穂&高橋尚子からたしなめられ大慌て? | RBB TODAY

織田裕二、陸上トークが止まらず……中井美穂&高橋尚子からたしなめられ大慌て?

エンタメ スポーツ

織田裕二、陸上トークが止まらず……中井美穂&高橋尚子からたしなめられ大慌て?
  • 織田裕二、陸上トークが止まらず……中井美穂&高橋尚子からたしなめられ大慌て?
  • 織田裕二、陸上トークが止まらず……中井美穂&高橋尚子からたしなめられ大慌て?
  • 織田裕二、陸上トークが止まらず……中井美穂&高橋尚子からたしなめられ大慌て?
  • 織田裕二、陸上トークが止まらず……中井美穂&高橋尚子からたしなめられ大慌て?
  • 織田裕二、陸上トークが止まらず……中井美穂&高橋尚子からたしなめられ大慌て?
  • 織田裕二、陸上トークが止まらず……中井美穂&高橋尚子からたしなめられ大慌て?
  • 織田裕二、陸上トークが止まらず……中井美穂&高橋尚子からたしなめられ大慌て?
  • 織田裕二、陸上トークが止まらず……中井美穂&高橋尚子からたしなめられ大慌て?
 8月4日に開幕する「世界陸上2017LONDON」の番組制作会見が21日、TBS内の世界陸上カフェにて開催され、メインキャスターを担当する織田裕二と中井美穂、スペシャルキャスターの高橋尚子、飯塚翔太選手が出席した。

 「世界陸上2017LONDON」は8月4日から8月13日まで、ロンドンスタジアムをメイン会場とし、47種目(男子24種目、女子23種目)が行われる。TBS系列では、前回の2015北京大会の64時間を大幅に上回る過去最長の93時間に渡って熱戦の様子を独占放送。

 リオデジャネイロオリンピック男子4×100mリレーで銀メダルを獲得して日本中を熱狂させた飯塚選手は、現在のチームの雰囲気を「去年よりもさらに若くなりました。10代が2人いますから。エネルギーをもらっています」と紹介。「バトンは比較的、うまく行っています」といい、「リオを超えるようなバトンパスができればと思っています」と意気込みを言葉にした。

 今大会の見所の一つが、ウサイン・ボルト選手(ジャマイカ)のラストラン。オリンピックと世界陸上での通算19個の金メダル、100m、200m、4×100mリレーの世界記録や前人未踏の6度の年間最優秀選手賞の受賞など数々の偉業を成し遂げてきた。ボルト選手は、男子100mと4×100mリレーに出場予定。

 織田は、ボルト選手のこれまでの活躍を「いち陸上選手というスケールでは収まりきらない」と振り返った。「『これ以上は(ストーリーを)書けないでしょ』という数々のドラマを起こしてきた男」といい、「ボルトショーを見せて頂きたい。どういう最終結末で幕を下ろすのかをしっかりとこの目で見たいなと思っています」と声を弾ませた。

 また「ボルト選手の他にも色々な選手がいるのですよ。僕が楽しみにしている選手は、数をあげだすときりがなくなるくらいです」と告げ、見たい選手たちの名前を次から次へと口にしていった。進行を気にかけた中井から「もうこのくらいでいいですか」と止められ、「僕が話しだすとこうなってしまうので」と苦笑い。

 今回初めて男女が同日に開催されるマラソン(男子が現地時間で8月6日の午前、女子が午後)の話題では、高橋から、日本の女子選手と男子選手たちの特徴と見所が紹介された。すると、織田は「ひとついいですか、女子に戻ってしまうのですが」といい、「ティルネシュ・ディババ(エチオピア)が出るんですよね。僕はディババ選手というと、5千、1万のトラックの最強女王というイメージがあるのですが、マラソンはぜんぜん分からないのですよ。どうなのですか?」と高橋に質問。高橋は「適正能力はあると思います」などと解説。織田がディババ選手に関するトークを続けていると、高橋は「織田さんはティルネシュ・ディババ選手が大好きですけど、今回だけは、日本選手を応援して頂いて」と織田に依頼。織田は慌てた様子で「もちろん応援していますよ。いつも日本選手は応援しています」と口にし、一連のやり取りが爆笑を巻き起こした。
《竹内みちまろ》

関連ニュース

特集

page top