石井杏奈、19歳のバースデー始球式! | RBB TODAY

石井杏奈、19歳のバースデー始球式!

エンタメ その他

石井杏奈、19歳のバースデー始球式!
  • 石井杏奈、19歳のバースデー始球式!
  • 石井杏奈、19歳のバースデー始球式!
  • 石井杏奈、19歳のバースデー始球式!
 映画『心が叫びたがってるんだ。』(7月22日公開)に出演する女優の石井杏奈が11日、埼玉・メットライフドームで行われた「埼玉西武ライオンズ VS 千葉ロッテマリーンズ」の始球式に登場した。

 メットライフドームに歓声が響き渡る中、始球式に現れた石井は自身が演じた仁藤菜月という役にちなんで「NATSUKI 7.22」のオリジナルユニフォームを着用しマウンドに上がった。初めての始球式ということもあり緊張した面持ちの石井だったが、当日が石井の19歳の誕生日ということがアナウンスされるとニッコリと笑顔。観客も拍手と歓声で誕生日を祝福した。石井の投球はツーバウンドしてキャッチャーミットへ。球場はあたたかい拍手に包み込まれた。

 始球式を終えた石井は「残念ながらノーバウンドでは届かなかったです。実は過去にソフトボール部の役をやらせていただいたり、弟が野球部なのでよくキャッチボールをしていたので、投げる前はちょっとだけ自信があったんです。昨日も弟に会ったら、アドバイスをもらいました。肘から投げるんだよって(笑)。でも、球場に入ってからマウンドとユニフォームを見たときに実感が湧いてきて、緊張してしまいました。球場の裏で練習をしていたんですが、18メートルの距離が届かなくて。それで一気に緊張が高まりましたね」とコメント。また、『ここさけ』の魅力については「4人の登場人物の春物語です。観た方はきっと4人の誰かに感情移入できると思います。勇気を出してみよう、自分の殻を破ってみようと私も感じることができました。いろいろな人の背中を押す作品になれば良いなと思っています」とアピールした。

 最後は19歳になった意気込みとして「仁藤菜月みたいな女性になりたいです! 高校生なのに大人っぽいですし、正義感もあって、まわりからも愛される女の子で、私自身も憧れています」と役柄に絡めて話し、始球式は幕を下ろした。
《松尾》

関連ニュース

特集

page top