『ワイドナショー』放送内容間違い謝罪で松本人志、降板も辞さないと表明 | RBB TODAY

『ワイドナショー』放送内容間違い謝罪で松本人志、降板も辞さないと表明

エンタメ その他

松本人志(c)GettyImages
  • 松本人志(c)GettyImages
 4日放送『ワイドナショー』(フジテレビ)で5月28日に放送した番組の中で間違いがあったことを謝罪。松本人志がこれにコメントした。

 番組冒頭、5月28日に放送した宮崎駿の引退撤回についての内容の中で、宮崎駿の引退宣言なる文言を集めたフリップを紹介。しかし、フリップの内容が宮崎自身の発言ではなかったとこれを謝罪した。

 謝罪後、松本は「こういうことあった時に、スタッフの責任に丸投げするのは僕やっぱりイヤなんですよ」と番組関係者として責任の所在は一所ではないとコメント。間違いの内容を放送してしまったことについては「与えられた情報を喋るしかないので、本番中も事前にあのフリップを見たわけではないですし、ああ言われると我々はそれを信じて喋るしかないんです」といちコメンテーターとして参加する中で、完璧な確認作業をするには限界があると語った。

 そんな中で松本は「今度、もしこういうことがあった時は、僕『ワイドナショー』を降りようと思ってるんです」と衝撃の発言。この突然の宣言にMCの東野幸治から「ボケかマジなのかわからない」と声があがるも松本は「マジですよ」と本気で降板を考えていると表明した。

 宣言について松本は「それぐらい失敗の内容に緊張感を持って、ニュースを扱うということはそういうことなんだっていう事をやらないといけない」と語り、「それくらいでみんなの緊張感が高まればいいかなと思います」と、今後の間違い防止のためにはも辞さない覚悟で臨むとの意思をあらわにした。
《築島 渉》

関連ニュース

特集

page top