中川大志、原作者からの手紙に感動!「役者として宝物」 | RBB TODAY

中川大志、原作者からの手紙に感動!「役者として宝物」

エンタメ 映画・ドラマ

中川大志、原作者からの手紙に感動!「役者として宝物」
  • 中川大志、原作者からの手紙に感動!「役者として宝物」
  • 中川大志、原作者からの手紙に感動!「役者として宝物」
  • 中川大志、原作者からの手紙に感動!「役者として宝物」
  • 中川大志、原作者からの手紙に感動!「役者として宝物」
  • 中川大志、原作者からの手紙に感動!「役者として宝物」
  • 中川大志、原作者からの手紙に感動!「役者として宝物」
  • 中川大志、原作者からの手紙に感動!「役者として宝物」
  • 中川大志、原作者からの手紙に感動!「役者として宝物」
 映画「きょうのキラ君」の初日舞台挨拶が25日、都内にて開催され、主演の中川大志、ヒロイン役の飯豊まりえ、出演の葉山奨之、平祐奈、主題歌を歌うロックバンド・[Alexandros]、川村泰祐監督が登壇。サプライズの演出に中川が感無量の様子を見せた。

 登場人物の愛らしいキャラクターとキュンキュンするストーリーで人気の大ヒットマンガを原作とする同作。容姿端麗で学校中の女子が憧れる“キラ”こと吉良ゆいじ役の中川は、初日を迎えた心境を「本当に幸せです。嬉しいです」と言葉にした。自分に自信がなく他人と関わることが苦手な“ニノ”こと岡村ニノンを演じた飯豊は「1年前に撮っていたので、あっという間だなと思います。今日からみなさんの作品になりますので、寂しい気持ちもあるのですが、純粋に早くたくさんの方に愛して頂けたらなと思います」と笑顔を見せた。

 イベントでは、サプライズで、原作者のみきもと凛氏からの手紙が読み上げられる一幕があった。手紙の中でみきもと氏は、「主演お疲れ様でした。完璧なキラでした」と中川を労った。続けて、「中川さんがキラを演じ始めた頃、辛そうな状況なのをブログで拝見して、居たたまれない気持ちになりました」と明かした。「私もキラというキャラは手探りで作り上げていった難しい男の子でしたので、ときにどう動かしたらいいのか分からないと悩んだりもしたくらいです」といい、「中川さんは本気でこの役に向き合って下さっているのだと実感し、この人がキラでよかったと胸が熱くなりました。『主演中川大志』という文字が私の宝物になり、自慢になりました」と胸の内を伝えた。

 手紙を厳粛な表情で聞いていた中川は、感想を尋ねられると、照れ隠しからか「そうですねえ。ちょっとずるいですね」と言葉を震わせた。「このキラという役を頂いて、現場は楽しいこともありましたが、正直、僕の中ではそれ以上に辛いこともいっぱいありました。毎日、現場ではいっぱい悩みました」とキラ役が大きな挑戦であったことを告白。「今日、初日を迎えられて、みきもと先生からも有難いお言葉を頂きました。今のタイミングで『きょうのキラ君』という作品に出会えたことは役者として宝物だなと改めて感じています」と感無量の表情で心境を言葉にした。

 飯豊は「実は4年前に、[Alexandros]さんの『涙がこぼれそう』という曲のPVに出させて頂いた時に、私が初めてやる映画の主演などがあったらそこで主題歌をやりたいと、([Alexandros]の川上)洋平さんが言って下さって。それが4年越しに本当に実現してすごく驚ています。(主題歌が)[Alexandros]さんと聞いたときに『うそ!?』と思いました。言えば夢は叶うのだなと思いました」とエピソードを語りイベントを盛り上げた。映画「きょうのキラ君」は、公開中。
《竹内みちまろ》

関連ニュース

特集

page top