着る生体センサーで現場の安全管理!「hitoe(R)作業者みまもりサービス」 | RBB TODAY

着る生体センサーで現場の安全管理!「hitoe(R)作業者みまもりサービス」

IT・デジタル その他

機能素材とセンサーを組み合わせて生体情報のセンシングを行う「hitoe(R)」から、クラウド経由で作業者の情報がPCやスマートフォンに送信される。管理者はグループ単位でメンバー全員の状況一覧を確認することが可能(画像はプレスリリースより)
  • 機能素材とセンサーを組み合わせて生体情報のセンシングを行う「hitoe(R)」から、クラウド経由で作業者の情報がPCやスマートフォンに送信される。管理者はグループ単位でメンバー全員の状況一覧を確認することが可能(画像はプレスリリースより)
  • 「hitoe(R) 作業者みまもり用ウェア」と「hitoe(R) トランスミッター01」(画像はプレスリリースより)
  • スマートフォンでの情報表示のイメージ(画像はプレスリリースより)
  • タブレット端末やパソコンでの情報表示のイメージ(画像はプレスリリースより)
 東レは25日、ウェア型の生体センサーを利用した「hitoe(R)作業者みまもりサービス」の提供を開始したことを発表した。

 「hitoe(R) 作業者みまもりサービス」は、東レとNTTが開発した生体情報の連続計測を可能とする機能素材hitoe(R)と、NTTコミュニケーションズのクラウドを組み合わせた、IoTによる安全管理システム。

 作業者の心拍数や加速度などを計測することで、高温環境下での身体への負荷、心拍数上昇による身体への負荷、心理的安定度、転倒の有無、消費エネルギー、位置情報などを測定及び推定し、管理者に対して可視化したデータを提供する。

 サービスの利用料は月額4,000円/人(参考価格)。

 運用に際しては、「hitoe(R) 作業者みまもり用ウェア」(参考価格10,800円/枚)、「hitoe(R) トランスミッター01」(参考価格:税込10,800円/個)が必要で、情報の確認にはPC、タブレットやスマートフォンを使用する。

 同社は初年度の売上を4千万円、2018年度には2億円の売上を目標としている。

>>Amazonギフト券10,000円分が当たる!「ホームセキュリティアワード」投票受付中<<
《防犯システム取材班/小池明》

関連ニュース

特集

page top