ドローンにも搭載可能! 4Kカメラモジュール | RBB TODAY

ドローンにも搭載可能! 4Kカメラモジュール

IT・デジタル ハードウェア

1,350万画素のSuper35mmサイズCMOSセンサーを搭載する。レンズはマイクロフォーサーズに対応しており別売。製品画像はオリンパス製レンズの装着例となる(画像はプレスリリースより)
  • 1,350万画素のSuper35mmサイズCMOSセンサーを搭載する。レンズはマイクロフォーサーズに対応しており別売。製品画像はオリンパス製レンズの装着例となる(画像はプレスリリースより)
  • 同製品の利用イメージ。ドローンやクレーンなどを使って4K映像を撮影したい際などに最適な小型・軽量さが大きな強みになるとのこと(画像はプレスリリースより)
 JVCケンウッドは、レンズ交換型の4Kカメラモジュール「GW-MD100」を2017年3月下旬に発売することを発表した。

 クレーンやドローンへの搭載から、研究・計測分野など様々な用途での利用が想定されている小型軽量サイズのカメラモジュールで、4K対応Super 35mmCMOSセンサーを搭載する。本体にSDカードスロット(SDXCまたは、SDHC UHS-I UHS Speed Class 3 以上※16GB~64GB)を備え、SDのカードには最大60fpsの4K映像を記録できるという。また、3G-SDI端子による最大100mまでの4Kリアルタイム伝送も可能だ。

 本体サイズは幅88.0×高さ108.5×奥行117.0mm。重量800g。交換型レンズマウントはマイクロフォーサーズシステムマウントに対応する。価格はオープン価格。
《防犯システム取材班/小池明》

関連ニュース

特集

page top