軽くて強い!風呂蓋のように巻いて収納できる止水板 | RBB TODAY

軽くて強い!風呂蓋のように巻いて収納できる止水板

IT・デジタル その他

炭素繊維とポリプロピレン(PP)で独自の「スキンリブ構造」を実現。リブを内側に巻くことができ、「曲げる」「巻く」「広げて使う」と様々な形状で使用できる(撮影:防犯システム取材班)
  • 炭素繊維とポリプロピレン(PP)で独自の「スキンリブ構造」を実現。リブを内側に巻くことができ、「曲げる」「巻く」「広げて使う」と様々な形状で使用できる(撮影:防犯システム取材班)
  • 炭素繊維とポリプロピレン(PP)で独自の「スキンリブ構造」を実現。リブを内側に巻くことができ、「曲げる」「巻く」「広げて使う」と様々な形状で使用できる(撮影:防犯システム取材班)
 積水化学工業は東京ビッグサイトで開催された「エコプロ2016」にて、巻いたり曲げたりと様々な形状で使用できる止水板「Skin-Rib Sheet」の参考展示を行った。

 「Skin-Rib Sheet」は独自の「スキンリブ構造」により、リブを内側に巻くことができる簡易止水版。巻いた状態からその場で広げてワンタッチで設置でき、2.5mまでの間口サイズで浸水高さ50cmまでの止水が可能だ。

 素材は炭素繊維とポリプロピレン(PP)を使用し、アルミニウムよりも軽量かつ高強度。アルミニウムの1/2の密度で1.3倍の曲げ強度を実現している。重さは1平方メートルあたり7.0kg、収納時の直径は300mmと持ち運びや設置も容易だ。また加工しやすくリサイクル利用も可能とのこと。

 蛇腹状の風呂蓋のように巻くことができるので、ボード上の止水板よりも収納時の自由度が高く、軽さからスムーズな設置ができる点が特徴となる。
《防犯システム取材班/鷹野弘》

関連ニュース

特集

page top