2日のNHKスペシャルがVR連動企画…神の領域を可視化する | RBB TODAY

2日のNHKスペシャルがVR連動企画…神の領域を可視化する

IT・デジタル その他

2日のNHKスペシャルがVR連動企画…神の領域を可視化する
  • 2日のNHKスペシャルがVR連動企画…神の領域を可視化する
  • 2日のNHKスペシャルがVR連動企画…神の領域を可視化する
  • 2日のNHKスペシャルがVR連動企画…神の領域を可視化する
  • 2日のNHKスペシャルがVR連動企画…神の領域を可視化する
 2日午後9時から放送のNHKスペシャルは「神の領域を走る ~パタゴニア極限レース141km~」として、47歳になる日本の第一人者・鏑木毅(かぶらきつよし)に完全密着する。

 100km以上を不眠不休で走り続けるタイムレース「ウルトラ・トレイル(山岳)ラン」。競技の完走率は平均65%といわれるが、南米パタゴニアで開催された競技ではわずか30%。絶景が広がる大地にひとたび踏み入れると、悪路や目まぐるしく変わる気候など、次々とむき出しの自然の猛威が襲いかかる。

 レースに挑んだのは世界18か国から参加したトップレベルの男女91人。終盤には「神の領域」を呼ばれる未知のゾーンが待ち構える。

 今回NHKは前述の鏑木毅(47歳)に密着し、特殊撮影やレース中の心拍数変動などのデータを駆使しながら、神の領域の可視化を試みるという。

 なお、この過酷なレースの世界をVR(バーチャルリアリティー)で体感できる特設サイト(http://www.nhk.or.jp/special/run/)も用意。撮影には特殊なヘルメットを用いランナーが見ている世界を完全に再現した。参加者が味わう過酷さを360度のVRで体感可能で、コースのハイライト9か所で撮影。それぞれ1分半程度の映像として視聴できる。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top